先制点のFWカバーニ、日本の印象は「メンタル的にも非常に強い」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスに得点を許した日本代表は0−2で敗れた。

 先制点を決めたカバーニは、記者に日本の印象を問われると、「日本代表は非常にいいプレーをする。メンタル的にも非常に強いチームだという印象」と答えており、「日本代表はこの新しいプロセスを新しい監督とはじめて、これからどんどん完成していくと思う」ともコメントしている。

 また得点シーンに関して、「試合の流れでああいった形になっただけ」とDF坂井達弥のミスを狙っていた訳ではないと明言。さらに、坂井が初選出で初出場だという情報は前もってあったかとの問いには、「対戦相手の選手が誰であるかということが試合の中では関係ない。単純にその瞬間の自分にとってのベストの動きをしてチャンスを作り出そうとしているだけ」と答えている。

 ウルグアイ代表は次戦、8日に韓国代表と対戦する。