中盤で先発の田中順也、攻撃に手応え「うまくはまることが多かった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスの得点を許して0−2で敗れた。

 中盤の一角で先発出場を果たしたスポルティング・リスボンのMF田中順也は、「勝ちたかったですね。自分たちの時間もかなり作れていましたし、少ない準備期間の中で言われた形というのをかなり多く出せたので、やっていて楽しさを感じましたし」と、敗れた悔しさを滲ませつつ、手応えを口にした。そして、「本当にちょっとの差で失点してしまったので、もっと責任感を持ってこれからもやっていきたいと思います」と、今後を見据えた。

 アギーレ監督からの指示については、「攻めの形(のこと)をかなり言ってくれて、それがうまくはまることが多かったので、やりがいがあります」と、話し、ロングシュートを2本放ったことに触れ、「自分はあの距離からシュートを狙うことが一番のストロングポイントだと思うんで、これからも続けていきたいと思います」と、コメントした。

 3人の中盤の関係についても問われた田中は、「3人で声をかけあいながら(ボールを)奪った後、うちら3人が起点にならないといけないという話をしていた。自分に関しては、ちょっと高い位置を取って攻撃参加をして。4−3−3は、うまく動けばいろいろなポジションを一度にできるすごいポジショニングだと思う。この時間帯は4−2−3−1みたいな形、4−3−3みたいな形、3−6−1、4−1−4−1にもなれるし、全て(のシステム)になれる。そこが一番の利点だと思うので、もっとバリエーションを出せるようにしていきたいと思います」と、印象を語った。

 日本代表は9日に、横浜国際総合競技場でベネズエラ代表と対戦する。