後半のシステム変更を語るアギーレ監督「本田をよりフリーに」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスに得点を許した日本代表は0−2で敗れた。

 試合後、記者会見に応じたアギーレ監督が、後半に4−3−3からシステムを変えた点について、「相手にリードされているという状況もあり、本田を守備に回すことを少なくするためのシステム変更だった」と明言。本田を「より前で、よりフリーでプレーさせるということだった」と説明している。

 システム変更後、「選手達はすぐにそれに順応して、森重も自分の役割りをしっかりと把握した」と満足を示しており、さらに森重真人については「3バックの真ん中で非常に良かったと思う。その後にボランチ、守備的MFの形でプレーしたが、走る距離が少し長かったので、消耗してしまった」と続けている。そして「その形でウルグアイを下回ったとは思っていない。ウルグアイと日本の違いは、得点が決まったかどうかの差だった」と自信を見せた。

 また、今日の試合で「ホンダ(本田圭佑)、エイジ(川島永嗣)、マヤ(吉田麻也)の3人がキャプテン」だと選手たちに伝えたとも明かしており、その中で本田を選んだ理由として、「キーパーはレフェリーから遠いことが理由のひとつ。そして、経験や年齢などを考慮すれば、今日はマヤでなく本田かなと思った」と説明した。

 さらに後半から投入し代表デビューとなった武藤嘉紀に関して、「非常に若い選手だが、恐れを感じないプレーを見せるところが良かったと思った。そして、今日は彼にとって素晴らしいキャリアになったと思う」とコメントしている。

 日本代表は9日、親善試合でベネズエラ代表と対戦する。