代表初招集でいきなりの先発…皆川佑介「心の準備はできていた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスの得点を許して0−2で敗れた。

 代表初招集で、センターFWとして初先発を果たしたサンフレッチェ広島のFW皆川佑介は、「スタメンを言われたのは、今日のミーティング。ホテルを出る前に言われました。練習でのビブスの分け方だったりで、自分が先発組だとわかってやっていたので、心の準備はできていました」と、出場前の心境を明かしたうえで、「やっとこの舞台に立てるんだという思いと、やってやろうという気持ちになりました」と、ピッチに立った時の感想を語った。

 また、ヘディングシュートを外した場面については、「決めたかったし、あそこで決められなかったことがチームにとって痛かった。責任は感じています」と、話した。

 日本代表は9日に、横浜国際総合競技場でベネズエラ代表と対戦する。