代表初先発の坂井達弥、ミスを反省「シンプルにやればよかった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスの得点を許して0−2で敗れた。

 代表初招集で、センターバックの一角として初先発を果たしたサガン鳥栖のDF坂井達弥は、「あっという間でした」と、試合を振り返り、自身のトラップミスから奪われた1失点目について、「反省する部分だと思うし、迷わずシンプルにやればよかったと、振り返ってみて思っています。あのように、相手の隙を突くとスピードが上がるというのが海外のプレーヤー。本当に、シンプルにやっておけばよかった」と、反省の弁を述べた。

 初招集でいきなりの先発出場となったことについては、「(練習で)だいたい同じメンバーで組んでやっていたので、準備はしていたつもり」と、話し、「内容的には悔しい結果になったので、今後につなげていきたい。守備の面では、後ろからしっかりコントロールして守るという役目があると思っていたので、声を出して動かす部分ではリーダーシップを取ってやろうとしていた」と、振り返った。

 日本代表は9日に、横浜国際総合競技場でベネズエラ代表と対戦する。