短期間での新システム採用に本田も苦戦「クセはなかなか治らない」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、守備のミスから失点を許し、0−2で敗れた。

 準備期間が短い中で試合に臨んだ、ミラン所属のMF本田圭佑は「個人的には試合を決めたかった」と口にした。「むしろチームのことは後ろや中盤の選手に任せようというくらいの気持ちで試合に入っていました」と述べると、「僕自身も結果を残せなかったという意味では全然ダメでした。お互いがお互いのパートをしっかり任せ合うことで責任感が芽生え始めてくると思うので、そこが自分の中ではワールドカップ前と今では変えている部分ではあります」と考え方の変化を明かした。

 同試合でアギーレ監督は明言通り、4−3−3のシステムを採用。システムや役割が変わったことについては「身体が動いているので、割り切りはでき始めていますけど」と語りながらも、「そこは頭の整理を常にしっかりしておかないと、クセはなかなか治らなかったりするんで。今日も、もう少しボールを回してほしい状況になったときに(ボールに)触りたいと思って参加しようとしてしまう自分もいたし」と、体に染み付いた動きを変えるにはしばらく時間が必要だと主張した。

 課題がある中での収穫は「ディフェンス面」と言う本田は、「前半も自分たちでミスを冒して失点するまでは、ほとんど向こうのやりたい形はやらせなかったなとも思います」と試合を振り返り、敗戦という結果については「ウルグアイが勝ったということが力の差そのものだと思います」と真摯に受け止めた。

 最後に、ウルグアイ代表との一番の違いを問われると「一つだけ言うとすれば……経験じゃないですかね」と答えた。

 日本代表は9日、ベネズエラと対戦する。