アギーレ監督、ウルグアイ戦の敗因は「向こうの経験とこちらのミス」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスに得点を許した日本代表は0−2で敗れた。

 試合後、記者会見で「両チームとも戦ったゲームだと思うがディフェンスで2つの大きなミスを犯してしまい、本日のカップを失うことになった」と語ったアギーレ監督は、「彼らと同じレベルでやりたいなら、しっかり学んで努力しないといけないと思う。ただ、ゴールをプレゼントしてはいけない。ああいったミスは避けなければいけない」と続け、「ウルグアイのようなビッグチームの前でミスを犯してしまえばやられてしまう。向こうの経験とこちらの2つのミスが違いを生んだと思う」と敗因を振り返っている。

 しかし、「ビッグチームと戦って、そこで何かを学ぼうとすると、ミスからも学んでいかないといけない」と前向きにコメントしており「ボールを持った時にもう少し早く動かすことが必要だったと思う。モビリティ、動きの部分で」と改善点も明言。「それも、努力や練習で培っていくもの」と今後を見据えている。

 さらに、「こういった結果になったが、私は満足している部分も感じている」ともコメント。具体的にどこかと問われると、「チームが戦ったこと。競争して、負ける気持ちになった場面がなかったこと。失点が2つあったが、そこで落ち込むこともなかった」と戦う姿勢に満足を示し、「ボールがない時に少し集中が切れてしまった選手が何人かいた。しかし、全体を見るとボールがない時でもしっかりゲームに参加している姿が見られたと思う」とも語っている。

 日本は次戦、9日にベネズエラ代表と対戦する。