アギーレ新体制は黒星スタート…指揮官就任初戦の敗戦は加茂体制以来

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスの得点を許した日本代表は0−2で敗れた。

 初陣を飾れなかったアギーレ体制の日本代表だが、新監督が初采配を執った試合で黒星となったのは1995年に就任した加茂周氏以来となった。

 加茂周体制の日本代表は1995年1月のキング・ファハド・カップ1995でナイジェリアと対戦した際、エマニュエル・アムニケやダニエル・アモカチらに失点を喫し、0−3で敗れた。

 その後、岡田武史(第1次)、フィリップ・トルシエ、ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史(第2次)、アルベルト・ザッケローニと続いた歴代監督は、全て引き分け以上の成績を得ていた。

■加茂周氏以降、日本代表歴代監督初戦の成績

▼加茂周体制
キング・ファハド・カップ1995
vsナイジェリア(0−3●)1995年1月6日

▼岡田武史体制(第1次)
フランス・ワールドカップ、アジア最終予選
vsウズベキスタン(1−1△)1997年10月11日

▼フィリップ・トルシエ体制
国際親善試合
vsエジプト(1−0○)1998年10月28日

▼ジーコ体制
キリンチャレンジ
vsジャマイカ(1−1)2002年10月16日

▼イビチャ・オシム体制
キリンチャレンジ
vsトリニダード・トバゴ(2−0○)2006年8月9日

▼岡田武史体制(第2次)
キリンチャレンジ
vsチリ(0−0△)2008年1月26日

▼アルベルト・ザッケローニ体制
キリンチャレンジ
vsアルゼンチン(1−0○)2010年10月8日

▼ハビエル・アギーレ体制
キリンチャレンジ
vsウルグアイ(0−2●)2014年9月5日