[警告]ウ=カセレス、A・ゴンサレス

写真拡大

 4年後のロシア・ワールドカップを目指す新生日本代表が、ウルグアイとの一戦で船出した。初陣は0-2での敗戦。結果はもとより、内容的にも前途多難を予感させるものとなってしまった。

週刊サッカーダイジェストの【寸評・採点】
 
 日本代表は、ハビエル・アギーレ監督が基本布陣とする4-3-3でスタート。スタメンには、初招集組から皆川佑介、坂井達弥のふたりが名を連ねた。
 
 GKには川島永嗣。最終ラインは、左から長友佑都、坂井、吉田麻也、酒井宏樹が並び、中盤はアンカーに森重真人、左MFに田中順也、右MFに細貝萌という顔ぶれ。FWは左ウイングに岡崎慎司、トップに皆川、右ウイングに本田圭佑が起用された。
 
 前半の日本は、ウルグアイの堅い守りに阻まれてパスがつながらず、アタッキングゾーンを攻略できない。17分に岡崎のクロスから皆川がヘディングで合わせたシーン以外は、チャンスを作り出せなかった。
 
 逆に、34分にはミスを突かれ、日本はウルグアイに先制を許してしまう。酒井宏からのバックパスを坂井が痛恨のトラップミス。これを相手に拾われ、最後は日本が警戒していたエースのカバーニに決められてしまった。
 
 ウルグアイもさほどペースを掴めていたわけではない。前半のシュート数は日本の4本に対して、ウルグアイは3本。互いに効果的なアタックは見せられないまま前半を終えた。
 
 後半に入っても、試合全体の閉塞感は変わらなかった。そのうえ、
「ふたつの守備のミスが試合を決定づけてしまった」と試合後、アギーレ監督が語ったように、70分には再び日本がミスを犯し、A・エルナンデスに2点目を献上。攻撃面の停滞感もまったく解消されず、結局日本は、攻守両面でいい所なく、初陣を0-2で落とした。
 
 この試合、58分には皆川に代わって、同じく代表初招集の武藤嘉紀もデビュー。さらに89分には森岡亮太も初キャップを刻んだ。終盤には武藤がポスト直撃のミドルシュートを放つなど、旬な新戦力の勢いが感じられた場面もあったが、4年後に向けた新たなチームの船出としては、消化不良の感は否めない。