黒星発進の新生日本代表、アギーレ「最後の最後まで戦い続けた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。日本代表は守備のミスから2失点し、0−2で敗れた。

 試合後、日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督は、以下のようにコメントしている。

――今日のゲームの感想は?

「ウルグアイは非常に強いチームですから、ミスを冒してはいけないと思います。そして守備のミスが本日は2つあり、それで試合が決定付けられました」

――敗戦ではあるが手応えもあるのでは?

「本日がデビュー戦だった選手も含め、良かったと思える選手が何人もいました。そして選手たちが90分間戦った姿が良かったと思います。武藤(嘉紀)のあのチャンスまで、最後の最後まで戦い続けました」

――次のベネズエラ戦に向けて、どこを修正して、どんなチャレンジをするか?

「修正点はまだたくさんあります。例えば守備のときの集中力だと思います」