5日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、リポーターの阿部祐二氏がペラペラの英語で外国人観光客にインタビューする場面があった。

この日の番組では、「この夏外国人観光客に聞いた 日本の思い出」を放送。阿部氏が外国人観光客に日本での思い出をインタビューするという企画だが、阿部氏は持ち前の英語での会話力をいかんなく発揮し、ノリノリのインタビューを披露してみせた。

まず、成田空港では「日本のテレビ局ですが(This is Japanese TV.)」「どこから来たんですか(Where are you from?)」「出発時間まで待っているんですか(Waiting for departure time?)」などと阿部氏は積極的に英語で話しかけ、ときには、英語で冗談も交える場面も。

イスラエルから来た女性にインタビューし、スマートフォンを使って日本で撮影した写真を見せてもらったところ、この女性の水着姿のセクシー写真が突如画面に。女性は「これは日本の写真じゃないわ」と言って阿部氏に写真を見せるのを拒もうとするが、阿部氏は「もう1回見たいんだけどー」など冗談を言って会話を盛り上げていた。

また、あるポーランドから来た男性が、日本で出会った美女と新宿のバーで会話したことを「思い出」として語ると、「彼氏がいるかって聞いた?」「聞くべきでしょ!」と英語で詰め寄る場面も。

また浅草でインタビューした際には、フランス人カップルが箸をお土産として探していたところ、このカップルに箸屋を案内。店内では通訳をしてみせるなど終始英語で流暢に会話してみせた。

加藤浩次に観光客が日本に強いて直して欲しいところは何かを問われるた阿部氏は「もうちょっと英語でコミュニケート取りたいんだけどなという外国の方が多かった。もっと入って行きたいって言ってました」とコメント。

加藤も東京オリンピックがあることを挙げ、「勉強しなきゃいけないかもしれませんね」と応えた。

番組で流暢な英語を発揮した阿部氏だが、早稲田大学政治経済学部卒で特技は英語。インタビュー時に通訳を介さずに英語で会話をすることができることがアピールポイントというのだから、ペラペラなのも頷ける。

【関連記事】
「スッキリ!!」レポーター・阿部祐二、コミケ会場でファンの言葉に感動 「役名で呼んでくるなんてさすがコミケ」
「スッキリ!!」でおなじみのリポーター・阿部祐二 「俺はリポーターとしては別格」
石井一久氏が大リーガー時代に、大先輩の野茂英雄氏を通訳させたエピソードを「バイキング」で明かす 「もうそういう世界だから先輩後輩関係ないんで」