写真提供:マイナビニュース

写真拡大

現在テレビ東京系にて放送中の特撮TVドラマ『牙狼<GARO>-魔戒の花-』9月5日25:23より放送される第22話「番犬」に出演する哀川翔から最終決戦に向けたメッセージと新PVが公開された。

第21話「残像」のラストシーンで正体を現した哀川翔演じる法衣の男は、第22話「番犬」でも重要なキャラクターとして登場するという。今回『牙狼<GARO>』に関われたことに対して哀川は「感情表現を豊かに表現することを求められた作品で、単なる"特撮モノ"では片づけられないと感じました」と語り、アクションシーンについて「体は覚えているものですね。衣装の重さは撮影中一番の敵でしたが(笑)」と撮影を振り返っている。また、埠頭での撮影は「エキサイティングな体験だった」と表現し、「翌日、撮影は終了していましたが、友人の玉置浩二さんと釣りをしに現場に遊びに行きました」と、休憩時間も有意義に過ごしたことを明かしている。

そして、残すところあと4話となり、最終決戦の盛り上がりを期待させる新PVも新たに公開。中山麻聖演じる主人公・冴島雷牙とエイリスの開花、魔導具となって生きるマユリの運命、法衣の男の真意――怒涛の展開を感じさせる迫力ある映像となっている。クライマックスを予感させる第22話「番犬」は9月5日25:23からテレビ東京にて放送される。その他の地域の放送時間については、公式サイトまで。

また、最終回を迎える9月26日に、第22話〜第24話を振り返り、最終回となる第25話「天命」を一足早く観賞できる『最終決戦プレミアム上映&ト-クイベント』が東京・大阪の2都市で開催される。大阪会場は梅田ブルグ7で、雨宮慶太総監督と中山麻聖が登壇。東京会場は新宿バルト9で、雨宮慶太総監督、中山麻聖、石橋菜津美、水石亜飛夢、哀川翔、秋元才加が登壇する。チケットは「チケットぴあ」で販売され、価格は2,000円。先行抽選販売「プレリザーブ」の申し込みは、9月5日11:00〜9月12日11:00まで(抽選結果は9月12日18:00に発表)。

『牙狼<GARO>-魔戒の花-』は、魔獣を狩ることを宿命付けられた魔戒騎士"牙狼"の活躍を描く人気特撮シリーズの4作目。魔獣エイリスを封印した石盤「メシアの涙」が破壊されたことを発端に、封印の礎となっていた9体の魔獣が復活し、魔戒騎士・冴島雷牙が立ち向かう。総監督・脚本は雨宮慶太氏が務め、原点回帰として1話完結の構成で新たな『牙狼』が描かれていく。主要キャストは、主人公・冴島雷牙役に中山麻聖、ヒロイン・マユリ役に石橋菜津美、クロウ役に水石亜飛夢、そのほかにも柄本時生、松方弘樹、松坂慶子、日村勇紀、天野ひろゆき、秋元才加など豪華出演陣が名を連ねている。

(C)2014 雨宮慶太/東北新社