写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「高水準の管理医療機器であるコンドーム」を提供し続けるための工夫避妊具として世界中で使用されているコンドーム。中でも、日本製品の品質は世界でもトップクラスとされている。そこで実際、どのような製造工程や検査を経て出荷されているのか。世界50か国以上でコンドームを販売する相模ゴム工業がマレーシアに構える工場を訪問した。

○ラップフィルムとほぼ同じ薄さの「サガミオリジナル001」

日本有数のコンドームメーカーである同社は9月1日、「サガミオリジナル001(ゼロゼロワン)」を全国にて発売した。商品名にも使われている「001」は、皮膜の薄さが0.01ミリということを意味する。身近なアイテムでいえば、ラップフィルムと同程度の薄さだという。

同商品は、マレーシア西部のペラ州にある「SAGAMI MANUFACTURERS SDN.BHD.」の工場にて生産されている。今回は、相模ゴム工業のヘルスケア営業本部の営業企画室室長と営業管理部部長を務める樋沢洋さんに工場内を案内してもらった。

○世界でも数社しかいないISOを取得し、安全性を担保

そもそもコンドームはどのようにして作られるのか。同社では天然ゴムラテックスとポリウレタンの2つの素材を用いており、「サガミオリジナル001」はポリウレタン製だ。素材は異なっても、作り方はほぼ同じだという。

まずは成型。「液体状の素材をプールに入れて、その中にコンドームの形をしたガラス管を浸し、それを乾かすことによって形を作ります。浸した液体からゆっくりと引き上げると薄い皮膜が、早く引き上げると厚い皮膜ができます」。この成型時の工程で同社独自の技術を用いることで、「世界最薄」(同社)である0.01ミリの薄い皮膜を実現することができるのだ。

一つひとつのガラス管の中には、それぞれ異なった数字が書かれた紙が入っている。そのナンバーは、コンドーム本体にとても薄く刻印されている。万一コンドームに不具合があった際に、どの製造ラインのどの場所でいつ作られたかをトレースできるためだ。

次に行うのは、ピンホール(微細な穴)がないかをチェックするための「ピンホール検査」だ。成型されたすべてのコンドームを金型にかぶせ、そこへ電気を流す。ポリウレタンも天然ゴムラテックスも電気を通さないため、通電したら穴が開いている証拠。それらの"不良品"は即座に排除される。

樋沢さんは「コンドームは薬事法上で『管理医療機器』に分類される医療機器です。高水準の品質を保つため、安全管理を徹底する必要があります。弊社はコンドームの国際規格である『ISO』への適合はもちろん、輸出する国々の個別の規格もクリアするため、社内基準値を厳しく定めて品質管理を行っています。世界のどの国の品質規格にも耐えうるコンドームを製造できる工場は、弊社の他に数社しかありません」と話す。

●「お客さまに愛されるブランド」を目指すピンホール検査をクリアしたものはクルクルと巻き上げられ、使用前に見かけるおなじみの形状になる。そして潤滑剤が塗布された後、機械で個包装される。この工程で重量チェッカーにかけられ、異物が入っていたり、中身が抜け落ちていたりする物は自動的に排除される仕組みになっている。

○特殊なブリスターパックの秘密

また、同商品はスタンダードな四角形のパッケージで個々のコンドームを包装していない。まるでポーションミルクのような特殊な「ブリスターパック」を用いているが、ここにも安全上の秘密が隠されていた。「従来のタイプですと、袋を破る際に爪で皮膜を傷つけてしまう可能性がありました。ブリスターパックはそのリスクを防ぐことができますし、裏表がわかりやすいというメリットもあります」。

この他にも、コンドームに一定量の水を流し入れて水漏れがないか調べたり、どの程度までの膨張に耐えられるかを確認したりといった検査も実施している。また、全工程で定期的に抜き取りチェックを行うことで、常に安全性の担保に努める。こうして厳しい検査を経た「サガミオリジナル001」は、同工場で一日に6,000箱(1箱5個入り)生産されている。

○さらなる薄さ実現と評価向上を目標に

日本におけるコンドームのトレンドは、時代によって変わってきた。「コンドームが日用品となってきた1990年前後になると、ニーズが細分化してきまして、『潤滑剤がたっぷり使われたもの』など、個々のニーズに合った物が売れるようになってきました。その後、薄いものが選ばれるようになってきました」と樋沢さんは話す。

同社は1998年、コンドームブランド「サガミオリジナル」から0.03ミリの薄さのタイプを発売。2005年に0.02ミリの販売を開始し、そして今回、薄さ0.01ミリ(18ミクロン)の実現に至った。

今回、「サガミオリジナル001」を製造するにあたり、機械を増設するなど新たに10億円を投資。まずは国内での販売に専念し、販売目標は年間18万個を掲げる。半年ほど国内での売り上げを見た後、来年以降に他の国への出荷を予定しているという。

既に同社は世界50か国以上でコンドームを販売しているが、特に今後主要なターゲットとなりそうなのが、日本同様に薄さを求める東南アジアだ。

「さらなる海外展開に向けては、東南アジア全体でのブランディングが大事になってくると思います。今は各国の顧客と話し合いをし、その国のニーズに合ったやり方をしていますが、今後は薄さが持ち味の『サガミオリジナル』のブランドを今以上に浸透させたいです。高価格品としての日本製のコンドームで、いかに他の国の物と勝負していくかということにもなりますが、中国やインドの富裕層が購入してくれるという傾向ができつつあるので、そこを強化していきたいですね」。

(栗田智久)