洗濯も可能、着用できる「布の電子回路」

写真拡大

繰り返しの洗濯にも耐え、防弾チョッキに縫い込んでも衝撃に耐えることができるという「布地に配線が編みこまれた電子回路」を、香港理工大学の研究チームが開発した。

「洗濯も可能、着用できる「布の電子回路」」の写真・リンク付きの記事はこちら

香港理工大学の研究チームが、装着し、繰り返し洗うことも可能な、配線が編みこまれた布地を開発した。将来的には、この布地に、さまざまな生体情報監視センサーを搭載することが可能であり、研究チームは、捜査機関や軍で特に有用ではないかとしている。

「ウェアラブルな布センサー」は、これが最初というわけではない。例えば、2014年の全米オープンテニスでは、ボールボーイが「ラルフローレンのバイオモニタリングTシャツ」を誇らしげに着用した。しかし、今回開発された布地は、引っ張りや折り畳み、洗濯、シワ、さらには銃弾にも耐えることができる。これほど耐久性のあるものは、これまでなかった。

9月3日(水)付の『Proceedings of the Royal Society』に掲載された論文によれば、研究チームは、布地を引っ張りや折り畳みなどの試練に繰り返し掛けて、耐久性を試験した。電気的な性能が低下し始めるまで、100万回を超える繰り返しに耐えることができたという。

研究チームは次に、従来型の洗濯機とお湯を使い、30個のサンプルで、洗濯と乾燥を30回繰り返した。すると、性能の著しい低下が見られたのは、30個のうち6個だけだった。その後の洗濯・乾燥テストでは、布地をメッシュの保護バッグに入れ、よりデリケートな回転サイクルを使ったところ、故障率が低下した。

研究チームはさらに、センサーが編み込まれたこの布地を防弾チョッキの裏地とし、そこに銃弾を発射した。センサー布地はケブラーの下におかれ、バラバラにならないように保護されたが、それでも、ものすごい衝撃に耐える必要があった。銃弾の発射後、すべてのセンサーが電気信号を送受信することができたという。

「ケブラー製の防弾チョッキの裏地」になった布地センサーの構造。

TAG

FabricCircuitMaterial ScienceResearchWiredUK