写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京・丸の内に移転し、日本初の男性総合医療クリニックとして9月4日にグランドオープンした「メンズヘルスクリニック東京」。先だって、東京千代田区の帝国ホテルで「開院記念メディアセミナー」を開催。人気演出家のテリー伊藤氏による「現代男性に求められる男性力について」をテーマにしたトークショーが行われた。

同クリニックの前身は、当時まだ類を見なかった“AGA(男性型脱毛症)”治療の専門クリニックとして1999年に西新宿に開院した旧 城西クリニック。今回の移転リニューアルでは、旧クリニックの15年間のAGA治療の実績を引き継ぎ、国内で唯一ともいえる男性ホルモンの一種である“テストステロン”をコンセプトにした医療機関として拡充。院内は約700平米の広さを誇り、男性医療をより幅広くサポートするため、AGA治療以外にも男性更年期、男性皮膚、前立腺がんサポート、男性妊活、テストステロンアップの各専門外来が拡充された。ちなみに、このクリニックはAGAの治療実績では国内最多となる累計1万人以上の臨床数を誇っている。

このたび行われた同セミナーでは、クリニックのコンセプト、外来概要の説明が行われたほか、同クリニック医院長の小林一広氏が「テストステロン低下が引き起こす男性特有疾患」と題して講演。また「現代男性に求められる男性力について」をテーマにしたトークショーには人気演出家のテリー伊藤氏も登場し、同クリニックに患者として通院している事実を告白した。

「きっかけは、トキメキが感じられなくなってきたから。週刊誌を見る時は、グラビアの女の子が載っているページをじっくり見るタイプだったんですが、それがいつの日からか、止まることなくページをめくっている自分に気づいたんです。それを友人に話したら『それって、男性の更年期障害みたいなものじゃないの?』と言い出して、それで小林先生のクリニックに伺ったのが最初でした」とその経緯についても明かした。

これに対し、小林氏は「男性更年期障害は、まだあまり知られていませんが、意欲がなくなるとか、疲労感などが症状として表れます。『トキメかなくなる』というのも、そのひとつです」と説明。「男性更年期障害は、症状としてうつ病とかぶるところがあります。更年期障害は、男性ホルモンが低下してできる疾患なので、意欲低下や疲労が続くようなら注意されたほうがいいと思います」と助言した。

一方、実際に治療を受けているテリー氏からは「自分が(診察を)受けてみて思うのは、こういう治療を受けるのは恥ずかしいことでもなんともないってことですね。例えば『虫歯を治す』という行為は、みんな当たり前にやるじゃないですか。だから、恥ずかしがるんじゃなくて、自分のケアだと思って気になったら受けることです」と、女性の更年期障害やエステと同様に、男性も躊躇することなく専門的な医療機関による治療の必要性を訴えた。

また、“理想の男性力”を問われ、「人に対する“優しさ”と、人のために自分がどれだけ頑張れるか。この2つを持ち合わせていること。自分自身に余裕がないと人のために生きるとか、人に対して優しくはなれないと思うんです」とテリー氏。小林氏は「フィリップ・マーロウの『強くなければ生きていけない、優しくなければ生きる資格がない』。男性力とはこれに尽きると思います。年を取ることに抗うことはできないけれど、ぜひいい年の取り方をしてください」とエールを送った。

(神野恵美)