9月5日、日本代表がウルグアイとの親善試合に臨む。惨敗に終わったブラジル・ワールドカップ後、これが初めての試合である。

 チームとしての再スタートは、選手たちにとって新たな競争の始まりでもある。ハビエル・アギーレ監督は、「ゼロからスタートして、どの11人がスタメンになるかを考えなければならない」と言い、こう語る。

 「若手か、ベテランか。日本代表で初めてプレイするのか、すでにプレイしたことがあるのか。Jリーグでプレイしているのか、海外でプレイしているのか。そうしたことで区別はしない」

 ゼロからのスタートを象徴するのは、今回初めて日本代表に選ばれた選手たちだろう。今季J1でわずか5試合の出場ながらサプライズ選出となったDF坂井達弥(鳥栖)は「一生懸命やるだけ。(練習メニューを)全部全力でやっている」と初々しい。

 同じく初選出のFW皆川佑介(広島)は「プレイでは自分を出しているが、私生活では恐縮するところがある」と苦笑いを浮かべながらも、初めての日本代表についてこう話す。

「みんな気さくに声をかけてくれるし、(チームに)入りやすい。自分がやりやすいように要求してこいと言われて、やりやすくなった。監督が求めることを理解したうえで、自分の持ち味を出せればいいと思う」

 新生日本代表のスタートに意気込むのは、初選出組ばかりではない。ブラジル・ワールドカップを目指して日本代表の一員としてプレイし続けながら、夢がかなわなかった選手にとっては再挑戦の始まりとなる。

 MF細貝萌はザッケローニ監督時代もコンスタントに日本代表に選出されていたものの、最後に選から漏れた。所属するヘルタ・ベルリンでは、ドイツでプレイする他の日本人選手を上回る活躍を見せながらも、それが実ることはなかった。細貝は言う。

「前回の代表は(主力メンバーが)固定されていたというより、それを自分が崩せなかったということ。それは自分の実力のなさ」

 当然、悔しさを晴らしたいという思いは抱えているだろう。しかし、細貝は経験豊富な選手らしく、新チームでの初戦を前にこんな言葉で意欲を口にした。

「初めての選手とコミュニケーションを取ってサポートしてあげたいし、(日本代表でのプレイが)やりやすいと思ってもらえるようにしたい。自分が気をつかうことで、彼らがいいプレイをできればいい」

「過去は関係ない」と語るアギーレ監督の前では、ワールドカップメンバーとしてブラジルに渡った選手とて、何らアドバンテージを手にしてはいない。

 ワールドカップメンバーのひとり、DF酒井高徳は「今後も調子のいい選手が入ってくる。いつまでも(自分が代表に)いられる安心感は持たないようにしたい」と話す。

 だが、その一方で酒井高は、前回の日本代表では主力メンバーが固定されるなか、そこに割って入る苦労を知るだけに、新チーム立ち上げの23人に名を連ねたことに手応えもうかがわせる。

「ザックさんのときは(11年の)アジアカップをケガで辞退して、自分でチャンスを逃したような感じになり、その後(代表に)入るのに苦労した。こうやって最初からいられればチームのコンセプトも早く理解できるし、次に呼ばれたときもそれを意識してプレイできる。このまま残り続けるには大事な一歩だと思う」

 酒井高はワールドカップメンバーではあったものの、試合に出場する機会はまったく得られなかった。新生・日本代表に初めから定着することで、4年後はロシアのピッチに立ちたいという思いが強いはずだ。

 ブラジルで一度もピッチに立つ機会がなかったのは、DF酒井宏樹もまた同じだ。酒井高同様、4年後への強い意気込みを示しても不思議はない。

 だが、酒井宏は日本代表の再スタートに際しても気負った様子は見せず、「あっち(ハノーファー)でやっていることをここでも出せればいい。競争ということを特別意識するのではなく、あくまで自然体でいければいい」と話し、こう続ける。

「最初の試合ということでメディアの注目度は高い。いいスタートを切るために、選ばれた選手が頑張らないといけない。チームがいい波に乗るために全力でやるだけ」

 今回、日本代表に選ばれた選手たちは、それぞれ異なる立場にある。初陣を目前に控えた心境もまた異なる。だが、目指す目標が4年後のロシアW杯であることに変わりはない。そして彼らはみな同じスタートラインに立っている。

 アギーレ監督はこれから行なわれる親善試合を「選手がパスしなければいけないテスト」と位置づけ、「アジアカップの前に6試合ある。そのテストをパスした選手がアジアカップに進む」と明言している。

 最初のテストが間もなく始まる。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki