『Twitpic』9月25日でサービス終了―エクスポート機能近日リリース

写真拡大

 Twitter連携アプリの『Twitpic』が、9月25日をもってサービス終了することを公式ブログを通じ発表した。
同アプリはTwitter上で画像や動画が共有できるサービスとして、2008年にリリースされた。当時Twitter本体に画像アップロード機能が無かったことから、連携アプリの中でも高い人気を集めた。

 今回のサービス終了の理由についてブログを執筆したNoah Everett氏は、『Twitpic』の商標申請を取り消すようTwitter社から数週間前に連絡があったと説明。取り消さない場合にはTwitterAPIの連携を遮断するという通告もあったという。

【関連:夜逃げが噂されたゲーム会社、負債約22億で破産手続き開始】

Twitpic-is-shutting-down

 この商標は同社が2009年に米国特許商標庁に出願している。申請してからは、いくつものハードルがあったというが、その1つが最近終わったばかりだったという。
Noah Everett氏は、こうも述べている「我々はTwitter社のような大企業をかわすリソースを持っていません。そのためサービスのシャットダウンを決断しました」。

 なお、サービス終了に関連し、これまでアップロードした画像・動画をエクスポートする機能を近日中にリリースするという。

参考:
Twitpic is shutting down