スタイリッシュなデザインも魅力

写真拡大

ヤマハミュージックジャパン(東京都港区)は、薄型テレビの下に置くだけで使えるTVサラウンドシステム『SRT-1000』を2014年9月上旬から全国で発売する。

設置するだけでテレビの音質や迫力がアップ

『SRT-1000』はヤマハ独自のデジタル・サウンド・プロジェクター技術を採用し、視聴者の位置に関係なく臨場感ある高音質を楽しめる。ステレオまたは5プログラムのサラウンドモードを選択可能。8個のビームスピーカーと2個の内臓サブウーファー、フルレンジL/Rスピーカーによりさらに音質が高まった。

Bluetooth(R)にも対応しており、手軽なワイヤレス操作でスマートフォンなどの音楽コンテンツが聞ける。その他、セリフなどが聴き取りやすいクリアボイスやテレビのリモコンで操作できる機能なども搭載されている。