写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●メガネとコンタクトレンズで、メイクを変えていますか?メガネはファッションアイテムとしての地位を確立しています。しかし、メガネを装着したときに困るのが、「目元のメイクの頑張り度」。レンズによっては思ったよりも「濃すぎる」と思われることもありますが、だからといって、メイクの肝となるアイメイクをまったくしないというのも考えものです。

マイナビニュース読者の皆さんは、メガネをかけるとき、アイメイクのどのようなポイントに気をつけているのでしょうか。そのテクやノウハウを、メガネ女子280人に聞いてみました。併せて、後半ではメガネの専門家に、「自分に似合うメガネの選び方」もうかがったのでお見逃しなく!

○メガネとコンタクトレンズで、メイクを変えていますか?

メガネ女子280人のうち、メガネとコンタクトレンズの両方持っているのは192人。どのように使い分けているのか尋ねたところ、「外出時はコンタクトレンズ、家ではメガネ」という人が105人(54.7%)と最多でした。ほかにも、デートやプライベートではコンタクトレンズを使うなど、気分によって使い分けている人が目立ちます。

とはいえ、服やメイクの色やテイストによって、複数のメガネを使い分けているのは22人(7.9%)と少数派。それでも、アイメイクに対するこだわりは強く、アンケートからもその様子が伝わってきます。

・「目元に深みが出るように濃いめのアイシャドウを使います」(26歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「濃い色のファンデーションを目元に使って影を作るようにしている。アイラインはまつげの間を埋めるようにひいて、メイクを落としても目の形まで変わらないようにしている」(26歳女性/小売店/販売職・サービス系)・「アイライナーは下のまぶたの真ん中あたりから目じりにかけて入れている」(33歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

○メガネ女子のアイメイクのポイントは「アイライン」!

アンケートでは、メガネとコンタクトレンズでメイクの仕方を「変えている」と回答したのは38人(19.8%)と少なめでした。シチュエーションに合わせてメガネとコンタクトレンズを使い分けているにもかかわらず、メイクの仕方は変わらない……。きっと、どのようにすればいいのかわからない人が多いのではないでしょうか。

そこで、アイメイクを「変えている」と答えたメガネ女子に、そのテクニックを教えてもらいました。

●アイメイク編・「コンタクトのときはつけまつげをつけている(メガネのときはレンズに当たる気がして嫌なのでつけない)」(32歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)・「ど近眼なので、メガネをかけると目がより小さく見えてしまうため、アイメイクは強い色で濃いめにしっかり。逆にコンタクトの時はあっさりめに仕上げるようにしている」(36歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)・「メガネの時はワンクッションあるので、アイラインを太めに引いてアイシャドーも少し濃くする」(32歳女性/医療・福祉/専門職)

●ファンデーション・チーク編・「メガネの時はチーク濃いめにする。しないときは、けばく見えるので全体的に薄めにする」(23歳女性/ソフトウェア/技術職)・「鼻付近のファンデーションが崩れるので、メガネのときはファンデーションを控えるようにしている」(27歳女性/ソフトウェア/技術職)

メガネのときはマスカラなどのまつ毛メイクはあっさりめ、その分、アイラインを使って目ヂカラをアップさせている人が目立ちました。また、ノーズパッドのあたるところはファンデーションを薄めにつけたり、こまめにチェックしたりしているようです。

メガネの有無によってメイク法を変えているメガネ女子がいるように、見た目の印象をアップさせるためにはメガネの形を自分の「顔」に合わせて選ぶことも重要かもしれません。

そこで次ページでは、ベストメガネコンタクトの有楽町駅前店スタッフ八木沼さんに、「自分に合うメガネの選び方」について教えていただきました。

●おしゃれ度アップするには、メガネ選びも重要なポイントに「アンケート結果を見ると、人に会う外ではコンタクト、家ではメガネを使用している人が圧倒的に多いですね。なので、メガネをしている時はノーメイク、もしくはナチュラルなメイクをしている人が多いということだと思います。

今回のアンケートの回答にはありませんでしたが、すっぴんで外に出るときに、メガネをかけて顔を隠すなんて話も耳にしますよね。

メガネの時はマスカラができない(メガネにあたってしまって汚れるため)という回答も何件かありました。これは女子にとっては重大な悩み。店舗で接客している時に、そういった悩みをお客様によく相談されるんですよ。

対処法としては、まつげが長い方や、マスカラをつける時は鼻パッドのついたメガネを選ぶといいと思います。眼とレンズの距離が離れているので、比較的汚れにくいためです」

―「自分に似合うメガネ」の選び方はどうすればよいのでしょうか?

「理想の顔型を目指すために、顔の弱点を補正できるメガネを探す」というのが自分に似合うメガネを選ぶ基本です。「卵型」で「小さめ」さらに「立体感」があるものが人間の理想の顔型と言われています。例えばメガネは形状を見ても分かるように「平面」ですから、メガネが大きいとお顔の立体感がなくなりますし、チャームポイントである目を小さく見せてしまいますので注意が必要です。

○チェックポイント

・お顔の横幅とメガネのバランス→フレームの横幅の長さは、顔の横の長さ(お顔の横幅の一番張っているところの長さ)と、同じかやや狭くするといいです。

・お顔の長さとメガネのバランス→メガネの縦幅は最も長くても、お顔の縦の長さの1/3以内に!1/3以上になると、お顔の立体感がなくなります。

・レンズの縦幅と目の位置関係→レンズの縦幅の1/2が下目瞼にくるようにすると安定した印象になることが多いです。黄金分割(1:1.6)は美しく見えるとともに安定感が出ます。ただ、レンズの幅によっては例外があります。

・眉とメガネのバランス→フレームのトップリムラインが眉型にあっていると、素の顔のイメージを壊しずらいです。わざと眉毛の形と異なるトップリムラインをお選び頂くことで、素顔とはガラリと違った印象にすることもできます。

・テンプルの位置のバランス→お顔が長めの方は、ブリッジとテンプルの位置がなるべく低いものを選ぶと長さをカバーできます。お顔が短めの方は、ブリッジとテンプルの位置がなるべく高いものを選ぶと面長に見えます。

まずは、これらを考慮しながらメガネを選んでみましょう。例えば、丸みのあるフレームは優しく、温かみを与えますので、ほっそりしたお顔に向いていますね。逆に角ばっているフレームは、シャープな印象を与えますので、ふっくらしたお顔に向いています。最終的には、どんな印象になりたいか。それに合わせてメガネを選ぶことがいいのではないでしょうか」

メガネは視力矯正には欠かせないものですが、ただかけるだけではなく、メイクや自分の顔を含めたトータルな着こなしを意識したいですよね。今回教わったポイントを参考に、すてきなメガネライフを楽しみましょう!

(OFFICE-SANGA)