A群溶血性レンサ球菌感染と診断された、イギリス男性が手足と唇を失った

ざっくり言うと

  • 英国の男性が、2013年11月に、敗血症とトキシックショック症候群にかかった
  • 病院で意識不明の状態が続き、黒く変色した四肢は切断され、唇もなくなった
  • 手術をして、新しい唇は元のサイズに回復し、傷跡は残らないとという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング