日本vsウルグアイ 試合前日のアギーレ監督会見要旨

写真拡大

 日本代表は4日、試合会場の札幌ドームで公式練習を行い、5日のウルグアイ戦に向けて最終調整した。練習後にはハビエル・アギーレ監督が公式会見に出席し、初陣に向けた決意を語った。

以下、会見要旨

ハビエル・アギーレ監督

「ウルグアイは非常に重要な対戦相手だと思う。現在の南米のチャンピオンで、最も重要な強いチームの一つ。8年近く同じ監督の下でプレーしている。世界的に見ても重要な選手たちがそろっている。非常にタフな相手。しかし、我々はそういうのを求めている。そういうチャレンジをすることで成長できると思っている。ワールドクラスのチームと対戦するのが初めての若い選手もいる。良いチームプレーをまず見たい。合流してから練習は3、4回しか行ってないので簡単ではないが、この札幌、そして日本に良いイメージを残せるだろうという希望を持っている」

―明日は23人の中のベストメンバーで臨むのか? まず自分たちのサッカーを求めるのか、それとも相手の長所を消しに行くのか?

「スタメンの11人については、ベストの選手を11人、上位から拾っていくわけではない。私はこの2試合でできるだけ多くの選手、できれば全員を見たいと思っている。明日の試合でプレーする11人が、そのままベネズエラ戦でもプレーするわけではない。いずれにせよ、良い素材がそろっている。

 2つ目の質問に関してだが、我々は常にその2つを目指したい。良いプレーをして勝つこと。場合によってはボールを持たないで勝つこともある。しかし、通常は、良いプレーをすれば、より勝利に近づけると思う。ウルグアイは整った良い守備をするチームなので、楽な試合にはならない。我々は準備期間も少ない。しかし、それに関係なく、勝ちに行きたい」

―明日の初戦で自分はどういう仕事をする人間だと印象付けたいか?

「短い時間だったが、密度の濃いトレーニングができている。希望も感じられる良い雰囲気ができている。対戦相手は素晴らしいチームで、素晴らしいスタジアムが満員になる。走らない、戦わない、競争しないという言い訳はできない。その中で良いプレーをいくつか見せることができれば、そして勝つことができれば、喜んで帰ることができると思う」

―初戦を控えた監督自身の心境は? これまでの選手の取り組みの中で監督を満足させるものはあったか?

「月曜日に到着した選手もいれば、火曜日に合流した選手もいる。長谷部の離脱は残念だった。唯一、23人でできたトレーニングが昨日だった。しかし、先ほど言ったように希望も感じている。経験を積んだ選手もいるし、初めての選手もいるが、私を含めて早くプレーしたいと思っている」

―ウルグアイには南米特有のマリーシアがある。日本に足りない部分だが、フェアプレーとマリーシアをどう両立させるか?

「選手たちとそういう話はしない。ボールを持って、しっかりプレーしようという話だけだ。ボールを持ったとき、何をしないといけないか。ボールを持っていないとき、何をしないといけないか。そういうことを指導している。もちろんフェアプレーを重視している。しかし、それは戦わないということとイコールではない。すべてのボールに対して強く行きたい。ウルグアイに敬意は払うが、恐れはしない。ウルグアイのほうが経験豊富で、ラテン人特有の特長もあるかもしれないが、恐れてはいない。我々の持っている武器で戦いたい」

―先発メンバーはどのタイミングで選手に伝えるか?

「全員に自分がプレーするかもしれないという気持ちを持ち続けてもらいたいので、明日、ホテルのミーティングで伝える」

―明日の試合のキャプテンは?

「それも明日のミーティングで伝える」

―明日の試合が初陣だが、監督はゲン担ぎをするか?

「最初に残すイメージは大事だが、失望させることはないと思っている。同じ人に5つ以上の質問に答えないのが私のゲン担ぎだ(笑)」

―選手を確認することと結果を求めることは共存するのか?

「それが代表監督の仕事だ。どの国の代表監督も、選手を試しながら勝利を求めて戦わないといけない。それが私の仕事だと思っている」

―明日のミーティングで選手にどんなことを呼びかけるか?

「ミーティングの前に、公の場でそれを発言して、メディアを通して選手が知ることは避けたい。ただ、しっかりモチベーションを高めて、希望を持ってピッチに向かっていく形にしたい」

(取材・文 西山紘平)