柿谷曜一朗、アギーレジャパン定着へ意欲「常に帯同できる選手に」

写真拡大

 日本代表は4日、キリンチャレンジカップ2014のウルグアイ代表戦に向けた前日練習を行った。合宿4日目となった練習には、左ひざの違和感から同日朝に離脱した長谷部誠を除く22選手が参加した。

 記者団の取材に応じたバーゼル所属のFW柿谷曜一朗は、ハビエル・アギーレ監督の下での最初の招集リストに名を連ねたことについて、「(監督が)いろいろな選手を見たいという中で、もちろんそれは当たり前だと思うけど、その中でも常に見てもらえるように。代表選手として常にチームに帯同できる選手になりたい」と、メンバー定着に意欲を示した。

 新体制初陣となるウルグアイ戦に向けては、「一番最初の試合だから、チームが成熟しているとは思えないけど、日本の力は全員で出せると思う。監督のサッカーを少しでもピッチで表現できるようにしたい」と、抱負を語った。

 日本代表は、5日に札幌でアギーレ監督の初陣となるウルグアイ代表に臨み、9日に横浜でベネズエラ代表と対戦する。