メンバー一新でFW大迫に心境の変化「僕ら世代が引っ張らないと」

写真拡大

 日本代表は4日、キリンチャレンジカップ2014のウルグアイ代表戦に向けた前日練習を行った。合宿4日目となった練習には、左ひざの違和感から同日朝に離脱した長谷部誠を除く22選手が参加した。

 ケルン所属のFW大迫勇也は、ハビエル・アギーレ監督の練習法について「裏に抜けたり、サイドにいったり、中でボールを受けたりとかまだまだパターンで練習をやっています。自分としては、そっちの方がやりやすいんで、不自由はしてないです」と語った。

 アギーレ体制初陣の相手はウルグアイ代表。ブラジル・ワールドカップでのウルグアイ代表を見ていたという大迫は、「激しさがすごくあるし、球際の部分ですごく粘り強いというか、そこで取り切る力がすごくあると思う」と印象を述べると、「そこで負けずに、逆に起点を作れれば、相手も慌てると思うし、球際の部分でしっかりと戦うことが大前提かなと思います」と、球際での戦いを意識していくと話した。

 今回は5選手がA代表に初招集され、世代交代が起きる中で大迫にも心境の変化が見られた。「もちろん僕ら世代が引っ張っていかないといけないし、僕らが成長していかないと日本は強くならないと思うので、すごく責任があると思う。でも、その責任の中でやればさらに成長できると思う」とコメント。ブラジル・ワールドカップを経験した大迫が、頼もしい姿を見せた。

 日本代表は、5日に札幌でアギーレ監督の初陣となるウルグアイ代表に臨み、9日に横浜でベネズエラ代表と対戦する。