代表合宿で刺激を受けるMF柴崎岳「徐々に誇りや自覚が芽生えれば」

写真拡大

 日本代表は4日、キリンチャレンジカップ2014のウルグアイ代表戦に向けた前日練習を行った。合宿4日目となった練習には、左ひざの違和感から同日朝に離脱した長谷部誠を除く22選手が参加した。

 試合後、記者団の取材に応じた鹿島アントラーズ所属のMF柴崎岳はウルグアイ戦を前に「目指してきた場所に選ばれて、今までやってきたことが評価されたというのは非常にいい経験ですし、個人的にはすごいいい刺激も受けています」と改めて代表への思いを語った。

 そして「今はステップの段階としていろんなものに刺激を受けて吸収しながら、徐々に誇りだったり自覚だったりを芽生えさせていければいいかなと思います」とコメント。代表定着に向けても、一歩ずつ確実に取り組む姿勢を見せた。

 代表を背負うプレッシャーについては「今の段階では背負っていくってことはあまり似合わないかなと思います。代表キャップ数もゼロですし、何の実績もない選手なんで、そういった選手が何かを背負っていくというのは軽はずみな発言かなと思います」と自身の考えを口にした。

 日本代表は、5日に札幌でアギーレ監督の初陣となるウルグアイ代表に臨み、9日に横浜でベネズエラ代表と対戦する。