吉備中央町にふるさと納税をすると、5kgずつ袋詰めされたコシヒカリが4袋(20kg)もらえる!

写真拡大

ザイ・オンライン「ふるさと納税」担当ライターが
地元の応援のために現地を訪問して突撃取材を敢行!

 岡山県の「吉備中央町」が「ふるさと納税」の制度を大きく変えたのは今年の7月1日のこと。その情報を知った、ザイ・オンラインの「ふるさと納税」記事を執筆してきた担当ライター・Aは驚いた。

 というのも、担当ライター・Aの出身地は岡山県岡山市。岡山市から吉備中央町までは車で60分ほどの距離ということもあり、「地元の応援も兼ねて、ぜひ現地取材に行かせてください!(お盆の帰省も兼ねて!)」と直訴したところ、担当編集者から「実際に現地を見て、『どうしてこんなにお得な特典が用意できるのか』を確かめてこい!」と取材を許可してもらうことができた。

 早速、現地取材のために調べてみると、「吉備中央町」への「ふるさと納税」のお得度は「日本一」と言っていいレベルということが判明!

「吉備中央町」では7月1日に「ふるさと納税」の特産品をリニューアルし、「1万円(実質2000円)の寄付でコシヒカリ20kg(2万円なら40kg、3万円なら60kg)」を「ふるさと納税」のお礼として寄付者に贈ることになったのだが、これはザイ・オンラインで掲載中の「ふるさと納税ランキング〜お米編」で第1位に君臨してきた「長野県阿南町」の「1万円の寄付で新米20kg」と同等の驚異的なコストパフォーマンスになるのだ!
(関連記事⇒【2014年度版】お得な「ふるさと納税」ランキング〜お米編〜特典に「お米」がもらえるコスパ最強の自治体は?)

「ふるさと納税」は、納税(寄付)した翌年に確定申告をすれば、寄附金控除の適用下限額である2000円を超える部分は、一定の上限まで所得税・個人住民税から全額が控除の対象となる制度。いくら控除されるかは納税者によって異なるが、例えば控除の対象となる寄付金の上限額が3万円の場合、適用下限額である2000円を引いた額、すなわち2万8000円が控除対象額となる。

 つまり、「吉備中央町」に3万円を「ふるさと納税」しても、実際には2万8000円が控除対象額となるため、実質2000円でコシヒカリを60kgももらえるということ。「ふるさと納税」をすると特典として「お米」をもらえる自治体は多いが、その多くは「1万円で5〜10kg」なので、「吉備中央町」では相場の2〜4倍のお米(しかもコシヒカリ!)をもらえるという、とんでもないコストパフォーマンスの良さを実現したのだ。
(※当初予定のお米の数量に達する見込みとなり、「米作り農家応援事業」のふるさと納税の受付は、9月12日の午前8時をもって終了となりました。なお、「22世紀の理想郷(ふるさと)づくり事業」に対するふるさと納税は引き続き受付中です。申込ページはこちら!⇒吉備中央町ふるさと応援サイト)

 岡山県出身の「ふるさと納税」担当ライターとしては「吉備中央町」の英断を見過ごすことはできない! というわけで、「ふるさと納税コスパ日本一」の「吉備中央町」が「なぜ大盤振る舞いを始めたのか?」「寄付する人やお米を提供する農家の皆さんの反応はどうなっているのか?」を探るべく、「吉備中央町」に取材に行ってきました!

本当に「農家を応援する自治体」を目指して
長野県阿南町をお手本に「ふるさと納税」制度をリニューアル!

「吉備中央町」は、2004年10月に「加茂川町」と「賀陽町」が合併して誕生した新しい町で、沿岸部に位置する山陽新幹線・岡山駅から車で約1時間のところにある。岡山県のほぼ中央に位置することから“岡山県のヘソの町”としても知られている。総面積は268.73平方キロメートルで、人口は約1万2500人、世帯数は約5600世帯ほど。気候的には内陸性でこの時期は県南部に比べてやや涼しい地域でもある(残念ながら取材当日の8月8日は台風の影響で大雨でした!)

 そんな「吉備中央町」の最大の特徴は、同町が位置する標高の高さ。昔から「吉備高原」とも呼ばれるほど標高が高く、場所によっては100〜500mもの高低差がある。実は、この「標高の高さ」こそが、「吉備中央町」が「1万円でコシヒカリ20kg」という太っ腹な特典を実施するに至る理由があるのだが……。とにかく、最初は「ふるさと納税コスパ日本一」を実現した理由を探るため、「吉備中央町役場」に向かった。

 役場を訪れると、その入り口には「ふるさと納税」で3万円を寄付すればもらえる「一俵(60kg)」の米俵が!「吉備中央町」が今回の「ふるさと納税」制度のリニューアルにかける意気込みが伺える。

 今回、お話を伺ったのは、吉備中央町役場で「ふるさと納税」を担当する吉備中央町役場恊働推進課の課長・岡道雄さん。岡崎さんは昨年までの「吉備中央町」の「ふるさと納税」の件数を「非常に寂しい数字だった」と振り返る。

「『ふるさと納税』には2008年から取り組んできました。申し込み数は08年度に13件だったものが、12年度には40件、13年度には64件と少しずつ伸びてはきていたんですが、他の人気の自治体に比べると、正直言って非常に寂しい数字だったんです。もちろん、寄付をしてくださる方々には感謝、感謝だったんですが、『これは行政としてなんとかしないと』と、役場内や町議会でも話し合っていたんです。しかし、なかなかいいアイデアが浮かばなくて……」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)