勝利にこだわるアギーレ監督、迎える初陣で「失望させることはない」

写真拡大

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2014でウルグアイ代表と対戦する。4日、ハビエル・アギーレ監督が前日会見に出席した。

 アギーレ監督は対戦相手について「ウルグアイは現在の南米チャンピオンで、最も重要な強い国のひとつだと思う。世界的に見ても重要な選手が揃っている非常にタフな対戦相手だ」と印象を述べた上で、「しかし、そういうことを我々は求めている。チャレンジをすることで成長できると思う。簡単ではないが、日本にいいイメージを残せるという希望を持っている」と抱負を語った。

 さらに「すべてのボールに対して強くいきたいと思う。ウルグアイに敬意は払うが、恐れはしない。ウルグアイの方が経験豊富で、ラテン人特有な特長もあるかもしれないが、恐れてはいない。我々の持っている武器で戦いたいと思う」と続けた。

 先発メンバーやキャプテンについては、試合当日のミーティングで伝えると明かし、「私はこの2試合でできるだけ多くの選手、できれば全員見たいと思っている」とコメント。9日のベネズエラ戦においても、多くの選手を起用することを示唆した。

 アギーレ監督にとって初陣となる同試合だが、「最初に残すイメージは大事だと思う。失望させることはないと思う」と自信を示すと、「選手を試しながら、勝利を求めて戦わないといけない。それが私の仕事だと思う」と新生日本代表の勝利を誓った。