ブラジルでの惨敗を受け、「改革」を求める気運が高まるなか、アギーレ監督はどんなスタメンを選び、どんなサッカーを見せるのか。 (C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 それにしても、気の毒である。日本代表にとってワールドカップの次に重要な国際大会であり、結果が求められるアジアカップ(2015年1月)に、ハビエル・アギーレ監督は就任後わずか6試合で臨まなければいけないのだから。
 
【写真】アギーレが選んだ新生日本代表
 
 もっとも、初采配からの期間の短さで言えば、前任のアルベルト・ザッケローニ監督のほうが過酷だった。2010年10月8日のアルゼンチン戦で初めて指揮を執り、4日後に韓国戦と、たった2試合のテストマッチだけでカタール・アジアカップに臨んでいる。
 
 ただ、ザッケローニにとって幸運だったのは、目の前に前任の岡田武史監督が築き上げ、南アフリカ・ワールドカップでベスト16進出の結果を手にしたチームがあったことだ。20代半ばの、これからキャリアのピークを迎えようとしている上り調子の選手が多く、守備的スタイルだったとはいえ、ワールドカップで世界を相手に自信を掴んだのも大きかった。
 
 本田圭佑をエースに据え、遠藤保仁と長谷部誠の2ボランチなど前体制の主力を移植しながらの「マイナーチェンジ」。主戦システムとなった4-2-3-1も、岡田体制下のワールドカップ予選を通じて採用された戦い慣れた形だった。
 
 ウルグアイとの初陣に臨むアギーレ監督にとって難しいのは、ブラジル・ワールドカップで惨敗を喫した日本代表には今、「改革」が求められていることだ。失意を味わったワールドカップメンバーも、応援するサポーターも、我々メディアも、「なにを変えてくれるのか」に最も注目しているはず。もちろん、今回の9月シリーズには12人のワールドカップメンバーが選ばれているので(9月4日に長谷部が離脱)、それなりに前体制のチームが引き継がれるかもしれないが、仮にお馴染みの顔ぶれが先発リストに並んでも、目指すスタイルには大きな変化が加えられているだろう。
 
 最大のポイントは、やはり「守備」だ。過去に指揮を執ったクラブを見ても、アギーレ監督は選手に守備の局面における激しさや献身性を求めており、素早い切り替えからのカウンターで相手ゴールに迫ることを得意としてきた。いわば受け身に徹した「弱者のサッカー」である。
 
 そういう意味では初陣のウルグアイ戦は、今後の世界を見据えた戦いの「モノサシ」になる一戦だろう。1年前の8月、宮城スタジアムでまさに「自分たちのサッカー」を貫いた日本は、ウルグアイに2-4と粉砕された。パスをつなぎながら人数をかけて前に出ては、カウンターから裏のスペースを突かれて失点を重ねてしまう。そんな1年前と同じ光景が、札幌ドームのピッチで繰り返されることはないはずだ。
 アギーレ監督が率いる日本は、おそらく格上のウルグアイに対してリスクを最小限に抑えたサッカーを演じるだろう。試合のスタート時に採用されるシステムも興味深いが、4-3-3や4-2-3-1といった形よりも、守備時にプレスをかけるタイミングや、カウンターに転じた際のボールの運び方など、チームとしてどんな狙いを持っているのかに注目したい。
 
 また、アジアカップを見据えると、日本が主導権を握る試合展開も想定しておきたい。堅守速攻を好むと言われる指揮官が、果たしてどんな柔軟性のある采配を見せてくれるのか。9日のベネズエラ戦で、スタメンの人選も含めて、ウルグアイ戦とは異なるチームの姿や狙いが見えてくると、「改革」の第一章は有意義なものとなるはずだ。
 
 個人に目を向ければ、最大の注目はザッケローニ体制の象徴でもあった本田を、再びチームの軸に据えるのか。アジアカップまでの残された時間の少なさと、ミランでのパフォーマンスを考えれば、エースを中心にしたチーム作りを進めていきそうだが、それが4-3-3の右ウイングなのか、4-2-3-1のトップ下なのかで、攻撃陣の構成は大きく変わってくる。
 
 いずれにせよ、ワールドカップ後の新体制初陣は、その後の日本サッカー界の方向性を占う、示唆に富む一戦となる。過去の指揮官たちがそうだったように、アギーレ監督はピッチ上の采配と試合後のコメントで、我々にどんなメッセージを送ってくれるのだろうか。