「NO RICE, NO LIFE ~お米?!これ放置系ゲームなんです。~」(画像は公式サイトより) / (C) Gussaaaaan

写真拡大

9月4日(木)、米粒を育成する放置系ゲーム「NO RICE, NO LIFE ~お米?!これ放置系ゲームなんです。~」が、iOS向けにリリースされた。

全20種類のお米を手に入れろ!


放置系ゲームとは、その名の通り一定時間放置することで進行させるゲームのこと。

中でも、個性あふれるキュートななめこを栽培する「おさわり探偵 なめこ栽培キット」や、可愛い猫がグロテスクな生き物へと変化していく「にゃんこハザード 〜とあるネコの観察日記〜」など、スキマ時間に気軽に遊べる育成型の放置系ゲームが現在人気を博している。

操作方法(画像は公式サイトより)

操作方法(画像は公式サイトより)



本作はそれらのゲームのシステムと基本的には同じだが、日本人の主食でもある米粒が主役という点が最大の特徴。

蒔いた種から育ったお米を収穫し、全20種類のお米を集めることが目的となっている。

ゲーム画面はすべてスクリーンショット

ゲーム画面はすべてスクリーンショット



本作の基本操作は種蒔き収穫。まずは画面下部に表示されている5種類のボタンのいずれかをタップし、種を蒔こう。

15分から8時間まで、利用するRPというポイントに応じて種の継続時間が異なり、画面上部のゲージが空になるまでお米が育ち続ける。

no rice no life



ぽつぽつと画面上に様々なお米が。

種の継続時間が短ければ短いほど短時間でたくさんのお米が育ち、長ければ長いほど時間をかけて少しずつお米が育ってくる。

no rice no life



育ったお米は、画面をスワイプして一気に収穫!

一粒一粒の米の詳しいプロフィールも

一粒一粒の米の詳しいプロフィールも



収穫したお米はRPに換算され、貯まったRPは再び種を蒔く時に利用できる。お米の種類によって収穫時に獲得できるRPは異なるようだ。

そしてゲームを進めていくと、20種類目のお米・RICE-MANが登場するとかしないとか……?

謎のRICE-MAN

謎のRICE-MAN



対応機種はiOS 6.0以降搭載のiPhone、iPad、iPod touchとなっており、現在App Storeより無料ダウンロードが可能となっている。