WHOが世界の自殺者数を発表、日本の数字に「深刻な公衆衛生上の課題」

ざっくり言うと

  • WHOが4日、世界で2012年に推定80万4000人が自殺したとの報告書を発表した
  • 10万人当たりの自殺者数を示す自殺率が、日本は18.5人で世界平均の約1.6倍
  • 自殺手段として最も多かったのが、農薬、首つり、拳銃の3つだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング