大会初の銀メダルを獲得したワールドグランプリが閉幕して、わずか3日のオフを挟んで、再びナショナルトレーニングセンターに集まった全日本女子チーム。昨年から(小、中、高、Vリーグ含めて)バレー人生で初めて、キャプテンを務めるエース・木村沙織選手に話をうかがった。

「ワールドグランプリの銀メダルは、私にとって、シニアでの(アジア選手権などをのぞく)世界大会で、初めての銅より上のメダルです。世界一を懸けて戦った最終ブラジル戦ですが、ふだんどおりしっかり楽しむぞという気持ちと、プラスしてやはり金メダルを何とか獲りにいきたいなという気持ちがありました」

 ロンドンオリンピック準決勝では、最終的に世界一となったブラジル相手に手も足も出ず、昨年のグラチャン(ワールドグランドチャンピオンズカップ)でも、同じく金メダルがかかった最終戦で1セットも取れなかった。眞鍋政義監督にも、木村にもリベンジを果たしたいという思いはあった。しかし、第1セット15−25、第2セット18−25と大差で連取され、3セット目は25−27とデュースに持ち込みながらのストレート負け。

「1、2セット目は向こうのペースで展開されて、自分たちからミスを出してしまって、なかなかリズムをつかめずに終わってしまいました。3セット目に入ってから『このセットを取られたら終わりだ、何としてでも次のセットにつなげたい』という気持ちが強く出て、負けはしたんですけど、内容はよくなりました。3セット目のような展開を、スタートからできればよかったなと思います」

 ワールドグランプリでは、新戦術「ハイブリッド6」(※)を予選から試し、開幕から5連敗と決して良い滑り出しではなかった。しかし、タイに勝ち、きっかけをつかむと最終戦でブラジルに敗れるまで8連勝。新戦術という視点から、この大会を振り返ってもらった。

※ミドルブロッカー(MB)の位置にアタッカーを置いて、より複雑で多彩な攻撃を狙う全日本女子の新戦術

「自分たちが世界一になるために、何か新しいことをやらなきゃいけないという状況の中で、予選から新しい戦術を実践しました。なかなか勝てなくて不安になった部分ももちろんありましたが、やり続けていく中でチームの絆がすごく強くなった。負けていても新戦術が上手くいくこともあったし、ひとつタイに勝ったことで吹っ切れました。負けが続いた時も、あきらめずに(ハイブリッド6を)継続してきてよかった。世界一になるためには、今の戦術を貫く、そしてよりいっそう細かく、突き詰めることが必要ですね」

 まだまだ、ハイブリッド6の完成度は高くない。眞鍋監督はブラジル戦後の会見で「試合の途中で、練習よりトスが遅くなった、そこはもっと徹底しないと」と述べていた。全日本女子は一度速いトスに取り組んだが、2011年のW杯以降、木村の調子を取り戻させることが目的で元に戻したと言われている。眞鍋の今回の言葉からすると、やはり"速いトス"を実践していくようだが、木村自身はどう思っているのだろう。

「基本的には速いトスでないと、みんなが同じ攻撃に入る意味がなくなってしまうので。(トススピードは)なるべく速くして行きたい。でも、絶対こっちに上がってくる、そして2枚3枚待たれているという状況で、速いトスを上げられても、打てるコースの幅が狭くなってしまう。だから、そこはしっかり高いトスをもらって、ブロックを見て決めにいけるよう、状況次第で使い分けていかないと。

 トスの速さは、監督が言うように1秒以内でやっていくことがベストです。練習ではタイムが計れるんですけど、試合の中では、体にしみこませた動きをやるだけなので、セッターもアタッカーも、練習段階から速いコンビを体にしみこませたいです。以前のように、スピードを元に戻すということはもうないです」

 このコメントからも。リオ五輪に向けてこの戦術を突き詰めていくことに、迷いはないことがうかがえる。そして、言い切った。「それしかないと思います」と。

 昨年からは全日本のキャプテンを務めている。眞鍋監督に最初にその話をされたとき、本当はもう現役から離れようかと考えていた。

「ロンドンで銅メダルも取らせてもらって、海外(トルコ)でもプレイして、自分としてはすごくやりきったなという思いがありました。もうバレーボールから離れようかなという気持ちもあったんですけど、眞鍋さんがトルコまで見に来てくださって、次のシーズン、代表でキャプテンをやってほしいと言われたんですね。そこからまた考え直したりして、今にたどりつきました。

 (きっかけは)やっぱり眞鍋さんが監督というのも大きかったです。世界一に挑戦すると言われた時に、眞鍋さんがそう言うんだったら本当に金メダルも獲れるんじゃないかと思いました。"キャプテン"というのも、今までやったことがなかったし、挑戦してみようかなと。

 バレーボールは長くやっていますけど、キャプテンの経験はなかったんです。どちらかというと自分の性格的にも向いていないと思いますし(笑)、どうなるのかなという不安はすごくありましたね。でも、今までも吉原(知子)さん、竹下(佳江)さん、荒木(絵里香)さん......といろいろなキャプテンカラーがあって、同じようにはできないかもしれないけど、自分らしくしていれば、いいのかなと。
 
 キャプテンをやり始めて2年目の半ばを超えましたが、それらしいことはミーティングの時に声をかけているくらい。若い子からベテランまでいますが、今いる10代の選手はすごくしっかりしているし、私がどうこうではなくて、チーム全体でコミュニケーションをとろうとしています。今の戦術をしっかり完成させるには、コートの中でやっていることが細かくて、ちょっとでも違うと全部が狂ってくるんです。だから、ふだんの生活でも、コートの中でもコミュニケーションを密にするようにしています。食事も決まった席ではなくて、全員来た順に座って食べてますよ」

 ロンドン五輪後の2シーズン、トルコリーグで活動した。以前何度か取材した際に「海外には挑戦しないの?」とたずねると、木村はいつも笑って「沙織、海外は特に行きたくないです」と手を振っていた。そんな彼女がトルコに行きを決断した理由をきいてみた。

「本当にタイミングですね。リーグでも優勝させてもらって、オリンピックでも銅メダルを取らせてもらって、そのあと何しようと思ったときに、海外のリーグは経験したことがなかったなって。ちょうどそのときにすごく声をかけてくださったチームがあったんです。本当にタイミングが重なって、『きっと今行かなかったら、一生行かないだろうな、今しかないな』と思って、行きました」

 実際トルコに行ってみてどうだったのだろう。日本にいると、それほどこの国の情報は入ってこない。しかし、欧州バレー事情に詳しい人に聞くと、トルコリーグはトップクラスなのだという。

「今は世界トップリーグのひとつで、トルコの選手もいい選手が多いですし、海外から来ている選手も代表級のエースばっかりで、言ってみれば世界選抜チームばっかりみたいな。私は情報に疎(うと)くて知らなかったんですね。そういうチーム同士で試合をしてるんだということを、肌で感じることができて本当に新鮮でした。毎週『すごっ!』って思っていました(笑)。

 海外生活で得られたことは本当にいっぱいあります。何が上手くなったかとか、プレイ・技術面でどこがよくなったかというのは自分では解らないですけど、すごく視野が広がったし、代表戦の時に『あ、世界と戦わなくちゃ!』という力みがなくなりました。なんか普通になったというか。世界の人をネットで挟んで前にしても、あっ、すごいなとか大きいなとかは多少ありますけど、変に緊張したりということがなくなりました。
 
 日本にいても学べることも、もちろんいっぱいあるとは思うんですけど、世界に出て暮らしてみて、初めて日本ってやっぱり島国だな、ちっちゃい国だなと感じることができました」

 海外経験を語る木村はとても楽しそうだった。若い選手にそういう経験を伝えているかと聞くと、「すでにそうしてます」と答えが返ってきた。

「どんどん日本の選手も外でやるべきだとすごく思います。外に出る選手が多ければ多いほど、全日本のチーム自体が大きくなると思いますし、たくさんの選手に世界を見てほしいなと思います」

 9月23日からは、イタリアで世界選手権が行われる。もう、金メダルしかない、と力強く語ってくれた。

「金メダルを目標に頑張ります。今回の(ワールドグランプリ)ファイナルシリーズはホームでの開催で、試合時間が毎日いっしょだったり、たくさんのファンに応援してもらいました。今度はアウェイでもしっかり結果を出したいです」

 海外での経験、キャプテンの責任がそうさせるのだろうか、以前とは違う、強く落ち着いた口調だ。今度は"獲らせてもらう"のではない、自分の力で世界選手権のメダルを獲りに行く。

中西美雁●構成 text by Nakanishi Mikari