3日深夜放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、TRFのメンバーでリーダーのDJ KOOが「DJ界は縦社会」と明かした。

この日の番組では「ミュージシャンSP」を放送し、ミュージシャンとしてDJ KOOが相川七瀬やTM NETWORKの木根尚登らとともに出演。

陣内智則が音楽を始めたきっかけを尋ねると、DJ KOOはバンドでギターをやっていたことだと答え、当初はギターヒーローを目指していて、DJに至ったのだと語った。

陣内が「DJ界で凄いんですよね、KOOさんは?」と訊くと、DJ KOOは「縦社会なんでDJは」としたうえで、「最近なんか、オレより上が、現場で回してるDJっていなくて」と現役で活躍しているDJで自分が1番年上になってしまったのだと語った。

そこで陣内が「KOOさんがもう神様的な存在?」と例えると、DJ KOOは満面の笑みで自分が「神様的な存在」であることをしばらく否定せず「ニヤつている」ことを指摘されてはじめて「いや〜そんなことない」と笑顔で否定してみせた。

【関連記事】
元「小室ファミリー」の歌手・tohkoが15年ぶりにテレビ出演
華原朋美、小室哲哉に向け「もう一度歌わせていただけないでしょうか」
濃過ぎるメンバーが集まった「踊る!さんま御殿!!」で、ひときわ異色なトークで存在感を放つTRFのリーダーDJ KOOに明石家さんまや出演者が総ツッコミ