写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーランドで4日、9月8日にリニューアルオープンする東京ディズニーランド(千葉県浦安市)のアトラクション「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」がプレス向けに初お披露目された。

「ジャングルクルーズ」は、ボートに乗って陽気な船長のトークを楽しみながら、野生動物たちが住むジャングルを探検するアトラクション。このたび、開園以来初となるリニューアルを果たし、9月8日にオープンを迎える。新しい「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」では、世界のディズニーテーマパークの「ジャングルクルーズ」で初めてオリジナル音楽を導入し、アトラクションを通して冒険気分をより高める音楽が流れる。

ボートに乗る前に、まずは船長たちの休憩室やオフィスを見学。船長の机や、ゲストから船長に送った手紙、休憩室ではチェスやバナナが飾られている。そしていよいよ、ボートに乗ってジャングル探検へ出発。色鮮やかなチョウや花などが彩るジャングルでは、いろんな鳥や動物たちの声が聞こえ、ワニやゾウ、ゴリラ、そして、アフリカ大草原ではシマウマやライオンなど、さまざまな野生動物たちに出会える。

また、ジャングルクルーズの大きな魅力である、陽気な船長もさらにパワーアップ。船長の合図でゲストが「ゾンガ・ジャンルウ」「ウッキー!」など、ボートに新たに付けられたお守りに効くというのおまじないを唱えたり、手拍子をしたり、今までにない体験が楽しめるようになった。

さらに、探検の途中に伝説の神殿があり、そこで驚きの出来事にも遭遇する。そして夜には、新たな"ナイトクルーズ"が楽しめるように。木々にはホタルがとまり、川辺ではゲストを狙う野生動物たちの目が光るなど、神秘的でスリリングなジャングルを探検できる。