日本代表のリスタートである。

 ハビエル・アギーレ監督が就任し、最初の試合となるウルグアイ戦(9月5日、札幌)を控え、日本代表が札幌でトレーニングを開始した。

 トレーニング初日となった9月1日は、前日に試合があった海外組が合流していなかったこともあって、リラックスムードのなかでのフットバレー(ネットを挟み、足だけで行うバレーボール)が中心のメニュー構成。2日目のトレーニングで、いよいよ新生・日本代表がベールを脱ぐ......、かに思われたが、そんな前のめりの期待はアギーレ監督によって簡単にいなされてしまった。

 率直に言って、実質"初日"のトレーニングは拍子抜けというか、退屈というか、とにかく物足りないものだった。

 4人一組で四角形になりパスを回すところから始まり、その後は守備の選手をつけたボールキープへ移る。3対1で始まったボールキープは人数を徐々に増やしていき、最後は7対7+フリーマン4人で行なわれた。

 おもしろかったのは、メニューが短い時間でポンポンと変わっていくこと。日本代表初招集の坂井達弥(鳥栖)は「メリハリがあって、やるところはやるという感じでよかった」と振り返ったように、同じ人数、同じ広さでボールキープを行なう時間は短く、人数を増やし、ピッチの広さを変え、といった具合に次々に変わるメニューが消化された。

 だが、その後はサイドからクロスを上げて中央で合わせるシュート練習を挟み、5対5のミニゲームで締めくくり。言ってみれば、中高生が春先にやるような練習メニューで終わってしまったのである。

「守備に力を入れて勝ちたい」と語っていた新指揮官は、初陣を3日後に控えていても、とりあえず最低限の守備のやり方を確認するわけでもなく、実に基本的なトレーニングだけで貴重な1日を費やした。

 日曜日にブンデスリーガの試合に出場し、この日からの練習参加となった酒井宏樹はアギーレ監督が求めるものについて「規律を大事にしている人だというのは話をしていても分かるし、まじめなスタッフが揃っている。自分たちもそういうところを心掛けたい」と語りながらも、「正直、今日の練習から(監督が求めるものを)くみ取るのは難しい」と苦笑いを浮かべた。

 また、本田圭佑はザッケローニ監督時代との練習の違いについて、「まだそれを言うのは早い」と語り、こう続けた。

「監督がやりたいことを今日やれたとは思わないし、(アギーレ監督がやりたいことが見えてくるのは)これからではないか」

 新監督が就任し、これほどゆったりとしたスタートを切る日本代表も珍しい。物足りなかったというのは、つまりそういうことだ。

 とはいえ、少々拍子抜けする一方で、そこにはある種の好感も覚えている。

 確かに自分の志向するサッカーを早く選手に植えつけることができれば、早期に内容と結果を手にすることが可能だろう。しかし、急いで戦術を浸透させようとすると、どうしても早くから選ばれている選手の戦術理解が進み、結果としてメンバーの固定化にもつながりかねない。

 次のワールドカップまでは4年ある。4年間を長期的に見たとき、チーム作りを焦る必要はまったくないし、むしろ広い視野で多くの選手を見極めていくほうが、チームとしてのポテンシャルを高めることにもつながる。

 また、ともすれば退屈な基本メニューばかりを課すことで、選手のパーソナリティを見極めているようにも見えた。実際、クロスからのシュート練習では、選手が自分の順番を待つ時間が長くなり、自然と気が抜けた様子を見せる選手もおり、それがプレイにも表れるケースがあった。

 アギーレ監督はメンバー発表の席上で、選手に求めることについて「仲間と協力的であること。しっかり責任を果たすこと」と語っている。あまりに基礎的なメニューの連続は、選手の「規律への意識」や「まじめさ」を見るには最適だったとも言える。

「初戦から競争力のある、常に勝利を目指して戦うチームの姿を見せたい」

 そう語っていたアギーレ監督だが、ウルグアイ戦の勝利に向けて突貫工事を施すわけではなく、目先の勝負に執着している様子もうかがえない。

 メディアの注目が集まる新生・日本代表のスタートにしては、拍子抜けするようなトレーニングメニューの連続。だが、そこに新指揮官の自信と余裕を見たような気がする。

 アギーレ監督がどんな手綱さばきを見せてくれるのか。これからが楽しみになった。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki