MacBookの容量を増設

写真拡大

『MacBookAir』や『MacBookPro』を使っていると容量が少なくなってきている人もいるのでは? 特に128GBモデルを使っている人は切実な問題。そんな方に簡単に最大128GBの容量を増設できる製品を紹介。これ凄い良いので是非オススメ。

今回紹介するのは『Nifty MiniDrive』という製品でMacBookAir用、MacBookPro用が販売されている。SDカードスロットに差し込んで使う物だが、この中にmicroSDを入れて差し込むとデバイスとして認識される。そりゃ当然ですな。

出っ張らないように作られているので、これを常に刺しっぱなしにしておけば増設したも同然ってわけ。

この『Nifty MiniDrive』には付属で4GBのmicroSDカードが付属しているが、4GBだと心許ない。どうせなら64GBや128GBを奮発して購入してしまおう。

また気をつけて欲しいのが、この『Nifty MiniDiyve』はMacBookAir用、MacBookPro用、MacBookPro(Retina)用とで形状が異なる。『MacBookAir』はスロットが四角くなっており、『MacBookPro(Retina)』は楕円である。『アマゾン』で購入時に選ぶことができるので該当の物を選択してからワゴンに入れよう。

本体価格は約5000円で、それとは別にmicroSDカードが必要となる。容量が残りわずかと言う人は購入してみては?

本体にあったものを買おう

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。