【実話】長崎の居酒屋で『鳥刺し』を頼むと、半裸の男性が尻を叩きながら踊りだすらしい

写真拡大

 長崎の居酒屋で『鳥刺し』を頼んだら、半裸のおじいさんが踊り出すという4コママンガがTwitterで話題となっておりました。

 マンガを投稿したのは、イラストレーターの仮面凸子さん。長崎で出会った「本当にあった話」として、4コママンガで紹介したところ、予想を超える大きな反響があったそうです。

【関連:ネットで有名な『例のブラクラ』がTシャツになって発売!夜に着て歩くと誰も近寄れないレベル】

 4コママンガでは、長崎の古い居酒屋に入り仮面さんが『鳥刺し』(鳥肉のお刺身)をオーダーしたところ、半裸のおじいさんが出てきて、尻をぶったたきながら、「ぱたぱた〜ぴよぴよ〜」と鳴きながら踊り出す……というエピソードが紹介されています。

仮面凸子さん(@Computerozi)のTwitterより

 実はこれ、長崎県雲仙の一部地域に伝わる伝統芸能『鳥刺し踊り』というものらしいのです。おじいさんのスペシャルサービスだったようですね。
にしても、地元の人間ではないかぎり、いきなり半裸の人が出てきたら誰でも驚きます……。

鳥刺し踊り鳥刺し踊り

 ちなみに、仮面さん、この4コママンガを3日12時に投稿し、その日の夜には出版社の泰文堂から『長崎の法則』という本のイラストオファーがあったそうです。
しかも予約は既に開始されており、1晩かけて表紙を描き上げたのだとか。Amazonの予約ページでは今朝から、表紙イラスト付きの画像が掲載されていますよ。

協力:
仮面凸子さん(@Computerozi

写真提供:
狼人(おおかみびと)さん(@jinroh1852