2d2cfabb

写真拡大 (全6枚)

ウッチーごめんなさいぃぃぃぃぃぃ!!!!

ごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめん!!僕は後悔しています。落ち込んでいます。率直に言って情けない。僕は内田篤人さんのファンだとクチでは言いながら、行動がまったく伴っていませんでした。

3日に発表された日本代表背番号の件。ワールドカップを含めた最近の試合で内田篤人さんがつけていた2番を、5日と9日に控えるキリンチャレンジカップでは水本裕貴さんがつけることになったのです。こんなことを言われると水本さんも気分が悪いでしょうが、その2番は予約済の番号なのです。「右サイドバック」として鹿島時代から強く意識し、数字を選ぶ機会があれば何でも「2」を選ぶというほど、ウッチー本人にこだわりがある番号なのです。ぜひ再調整をお願いしたい。

翻ってアギーレ監督。まだ短いお付き合いではありますが、どうやら監督には調和の心が欠けているようにお見受けします。よく言えば、決然として意志を貫く強さ。悪く言えば、自分勝手な剛腕。長い積み重ねや他人の考え、歴史・慣習・文化といったものに対する深謀遠慮がないのでしょう。今風に言えば「空気が読めない」と言い換えられるかもしれません。

背番号というのは、ただの識別番号ではありますが、人によっては特別な意味を持つもの。海外にも「ラッキーナンバー」とか数字にこだわる文化があるでしょう。メキシコにだってあるはずです。もちろん日本にもあります。全員がこだわりを持っているわけではありませんが、こだわりを持っている人間はいるのです。

今回の背番号発表で言えば、内田篤人さんの2番がそうです。香川真司さんが背負っていた10番を、森岡亮太さんがつけることになった件もおそらくはそうです。もっと言えば、8番を田中順也さんがつけることになった件についても、清武弘嗣さんや柿谷曜一朗さんの気持ちを踏まえて、思うところはあります。そうした選手に対する気遣いはできなかったでしょうか。

これがアジアカップのメンバー発表だというなら、何も文句はありません。あれは1番から順番に埋めることになっているわけですから。選んだ23人に1から23まで割り振るしかありません。しかし、キリンチャレンジカップなんて30番でも40番でも好きなだけ番号使ったらいいわけじゃないですか。もっと全方位に波風が立たない番号の決め方はあったはずです。

「背番号でサッカーをするわけではない」というのは百も承知。だからこそ、背番号については融通が利いていいはずです。選手の想い、ファンの想い、それを汲み取っても「チームが弱くなったりはしない」のですから。

アギーレ監督か周辺の誰かか、とにかく誰かがポンポンポーンと選手に番号を割り振ったわけですよね。で、最終的にはアギーレ監督も目を通したはずです。その「ポンポンポーン」が通っちゃう感じ。メンバー招集の「よっしゃ試しに呼んでみよ」な勢い感を見ても、あらゆる面で「ポンポンポーン」なのでしょう。アギーレJAPANというチームは。

メンバー発表が先月の28日。背番号発表が3日。試合が5日。どうせポンポンポーンするなら、メンバー発表と同時に背番号も言うべきでした。ポンポンポーンと言えたでしょう。別にこだわりもないんですから。そうすれば、この試合に駆けつける初招集組の家族・ファンも十分な時間を持ってマーキング入りのユニフォームを用意できたのです。一生一度かもしれない代表戦、選手の名前と背番号を背負って戦いたかったでしょうに。

マーキングするとき、背中に名前入れますよね。水曜・木曜に慌ててサッカーショップ加茂に行っても、初招集選手の名前入り既製品は当然ないわけです。だから、一文字ずつバラバラにアルファベットを集めて入れることになります。そのとき、どれだけバラ文字の在庫があるか。自分の名前を入れたいとか言ったら「1〜2週間お待ちください」とかなりうる世界ですよ。必要な文字が都合よく集まらなかったらどうするでしょう。どうしても5日までにマーキングしたい人は、ワールドカップメンバー用のセット売りアルファベット在庫を複数買って、バラバラに文字を取ったりすることになるんじゃないですか。

例えば、MIZUMOTOを作ろうとした場合。「Z」はOKAZAKIにしか含まれていないので、まず岡崎セットを買います。これでIとZとOが入手できました。残るはMUMTOです。Mを含むのは、KAWASHIMA、NAGATOMO、MORISHIGE、AOYAMA、YAMAGUCHIの5名。NAGATOMOで「MTO」をゲットし、YAMAGUCHIで「MU」をゲットする。このようにして、3名分のセットをバラしてアルファベットをゲットした上で、背番号2を別に買わないといけないのです。くっそ無駄遣いじゃないですか。

そのとき当然の発想として、「前に呼ばれたときのヤツ利用できへん?」となるわけであって、そこまで思い至れば「水本さんは2012年のベネズエラ戦・UAE戦と2013年のラトビア戦に招集されていて、それぞれ15番と16番を背負っているから、どっちかにしておけば型落ちユニフォームがそのまま着られるな」「今回は今野泰幸さんと山口蛍さんを呼んでないからどっちも空いてるな」「山口さんは年齢的にまた呼ばれる可能性が高いから15番にしておくか」という具合に、必然の選択として15番水本となるはずなのです。この前まで今野さんがつけていた番号があてがわれたとなれば、水本さん的にも悪い気はしないでしょう。誰が何番になったかという問題ではなく、みんなが丸くおさまる道があるのに、そこまで考えて行動できる人が誰もいないというところが問題なんです。「ポンポンポーン」だらけで。

僕はもっと早くこうした主張を公開すべきでした。

もしかしたら「ポンポンポーン」の人たちに、気づきのチャンスを与えられたかもしれないのに。

そして僕自身がまず先陣を切って行動すべきでした。ウッチー、ごめん。僕は自分のほんのちょっとの小銭を心配するあまり、本当に大切なことを見失っていました。ようやく気づいたよ。誰が何番だろうが、内田篤人の背番号は「2」しかないってことに。呼ばれようが呼ばれまいが、「2」以外はなかったんだ。僕がもっと早く行動していれば、こんなことにならなかったかもしれないのに…。ごめん…。

ということで、すでにだいぶ繰り言が長い感じですが、もう少しだけ愚かな僕の懺悔にお付き合いください。

◆現実に合わせるんじゃなく、理想に合わせて生きるべきだったんだ!

すごいお金に困っているというわけではありませんが、無駄遣いするほど余裕もない僕の生活。1万円とかの出費は、一旦じっくり考える感じにならざるを得ないのが実情です。「本当に買うのか?」と2、3回は問い掛ける感じに。

そんな中、僕にはひとつ恥ずかしい懸案がありました。それが内田篤人さんユニフォーム問題。日本代表の試合を見に行くとき、まぁ一応ユニフォームとか着るわけですが、僕はひとつ前の型を着ていたんですね。

↓これなんですけど、ちょっと困ったことがあるのです…。


型落ちはまぁ歴史だからいいとして、背番号がね…。

本人が「2」がいいって言って「2」になったのに、型落ちは「6」なんですよね…。

本人が何番でもいいって言うなら、コッチも何番でもいいんですが、本人は「2」が好きなわけです。なら、コッチも「2」にすべきじゃないですか。しかし、この型落ちだって1万ウン円するヤツで、家観戦を含めても数十回しか着てないわけです。僕はそこで心に引っ掛かりを覚えながらも、型落ちを着ていたわけです。

しかし、ヒョンなことからつい最近になって最新バージョンを手に入れたのです。何でも知人がワールドカップ前後の時期にキャンペーンの抽選で当てたとかで、「結局着なかったからあげる」という話になったのです。僕はユニフォームをカバンにしまいながら、「バカヤロー!」「お前が着て応援しろよ!」「日本の代表だぞ!」と説教をしてやりました。しかし、これにはこれで困ったことがあったのです。

↓やった!最新バージョンを手に入れたぞ!


違和感伝わりますかね?

ドラえもんのポケットがないときみたいな…。

↓うわ、これマーキングされてないヤツだったか…。


キャンペーンだからね…。

勝手に名前入れられても困るよね…。

「すみません、キャンペーンでユニフォームが当たった者ですが」

「勝手にNAGATOMOって入ってるんですわ」

「これ返品しますんで交換してもらえますか」

「NAGATOMOじゃないヤツがいいです」

「いや、YOSHIDAもイヤです!」

みたいな話になっちゃうもんね…。

【DVD】タッチ 背番号のないエース [TDV-15262]

価格:4,374円
(2014/9/4 04:46時点)
感想(0件)



すみません。僕はこのマーキング代数千円に対して、慎重になってしまいました。「念のため新背番号を確認してからマーキングしよう」と。しかし、気づきました。誰がどの番号をあてがわれようが、僕がマーキングすべき文字列は「UCHIDA 2」しかなかったのだと。最初から答えが出ていたのに、慎重になってしまった自分。本当に情けないです。深くお詫びいたします。

それしても、何なんでしょうか。この「ポンポンポーン」という決め方は。僕はこの悩みを抱え、エクセルで表とか作りながら、誰を何番にあてがうべきか考えていたのに。そして、当面はコレしかないという私案まで固めていたのに。もっと早く発表してアギーレ監督にプレッシャーをかけておくべきでした。本当に申し訳ありませんでした。

↓波風立てずに深謀遠慮すれば番号はこうなってしかるべきだ!
<ルール>
●ワールドカップメンバー、特に今後もまだ呼ぶかもしれないメンバーはなるべく旧背番号を維持する

●今後呼ばないであろうメンバーの背番号はアキ番とする

●11番までの番号は「重み」を考慮してアジアカップまで新たに割り当てを行なわない

●12番以降の番号には考慮の余地があるが、23番までの番号はアジアカップで必ず誰かに割り振ることになるので、慎重に判断する

●24番以降は自由とする


<深謀遠慮した背番号案>


●1番:川島永嗣
旧背番号からなるべく動かさない

●2番:(内田篤人)
負傷による招集見送りとの情報があるのでアジアカップまで保留

●3番:酒井高徳
旧背番号からなるべく動かさない

●4番:本田圭佑
旧背番号からなるべく動かさない

●5番:長友佑都
旧背番号からなるべく動かさない

●6番:森重真人
旧背番号からなるべく動かさない

●7番:アキ番
遠藤保仁さんの年齢を考慮して一旦空位に。アジアカップまでにしかるべき人材を見極めて割り振る

●8番:アキ番(柿谷曜一朗)
清武弘嗣さんを呼ぶ可能性を考えてアジアカップまで保留とするが、その時点で清武さんがメンバーに入らない場合、柿谷曜一朗さんを次点扱いとして繰り上げる

●9番:岡崎慎司
旧背番号からなるべく動かさない

●10番:(香川真司)
負傷による招集見送りとの情報があるのでアジアカップまで保留

●11番:柿谷曜一朗(原口元気)

当面は柿谷さんがキープする旧背番号だが、柿谷さんが8番に動く場合は原口元気さんを次点とする。原口さんは2013年7月の中国戦で11番をつけており、型落ちユニフォームの再利用が期待できる

●12番:西川周作
旧背番号からなるべく動かさない

●13番:細貝萌
ワールドカップ前に背負っていた番号に再度割り当てる

●14番:(青山敏弘)
負傷による招集見送りとの情報があるのでアジアカップまで保留

●15番:水本裕貴
今野泰幸さんの年齢を考慮して一旦空位に。水本さんは2012年ベネズエラ戦・UAE戦で15番をつけており、型落ちユニフォームの再利用が期待できる

●16番:(山口蛍)
負傷による招集見送りとの情報があるのでアジアカップまで保留

●17番:長谷部誠
旧背番号からなるべく動かさない

●18番:大迫勇也
旧背番号からなるべく動かさない

●19番:田中順也(原口元気)
田中順也さんは2012年のアイスランド戦で9番をつけており、また現所属チームでの番号が19番であることから、暫定的に割り当てる。さらに、8番の動きがない場合に備え、原口さんを19番の次点とする。原口さんは2012年のイラク戦で19番をつけており、型落ちユニフォームの再利用が期待できる

●20番:森岡亮太

森岡さんの所属チームでの現在の番号「10」および2011年に所属チームでつけていた番号「20」を考慮して暫定的に割り当てる

●21番:酒井宏樹
旧背番号からなるべく動かさない

●22番:吉田麻也
旧背番号からなるべく動かさない

●23番:林彰洋
第3GKの番号として都度割り当てる

●24番:柴崎岳
柴崎さんは2012年アイスランド戦で24番をつけており、型落ちユニフォームの再利用が期待できる

●25番:坂井達弥
酒井高徳さんが2012年のフランス戦・ブラジル戦で25番をつけており、「SAKAI」つながりで型落ちユニフォームの再利用が期待できる

●26番:武藤嘉紀

所属チームで使用する14番は一旦判断保留とし、24番以降のアキを割り当てた。生まれ順で武藤さんを26番、皆川さんを28番としている

●27番:松原健
所属チームでの現在の番号「27」を暫定的に割り当てる

●28番:皆川佑介
所属チームで使用する22番は埋まっているので、24番以降のアキを割り当てた。生まれ順で武藤さんを26番、皆川さんを28番としている

●31番:扇原貴宏
扇原さんは2013年の中国戦で31番をつけており、型落ちユニフォームの再利用が期待できる。数字の間にガムテープを張れば「3-1=2」などの主張も可能

しかし実際は、水本さんが2、柴崎さんが7、田中さんが8、森岡さんが10、武藤さんが14、坂井さんが15、松原さんが16、皆川さんが19、扇原さんが20!

森岡さんと武藤さんは所属チームの番号、扇原さんは「0」の付け足しか!

あとは全部アキを埋めてきた感じだな!

頼りにされる「ナンバー2」を目指せ!

価格:1,080円
(2014/9/4 04:50時点)
感想(0件)



このようにガッチャンガッチャンはめ込む感じであれば、また次の招集機会には新たな選手を呼び、空いているところにガッチャンガッチャンするのでしょう。前任者の場合は、アジアカップまではなるべく何も変更せず、4番(闘莉王さんのアキ番)、10番(中村俊輔さんのアキ番)、22番(中澤佑二さんのアキ番)を空位のままでキープしたのとは少し違う印象を受けます。

アギーレ監督自身もアジアカップまではテストで、メンバーの都度入れかえを示唆しているわけですから、なおのこと変更は最小限にとどめるべきだったと思います。ましてや、7番とか10番とかを割り振れば「重みはどうですか?」なんて質問が選手に飛ぶのは当たり前のこと。出会ったばかりの一発目でわざわざ割り当てることもない番号でした。まぁ、ポンポンポーンだからできる割り振りなのでしょうが。

まぁ、そんな感じですので、あまり実際の番号は気にせず「心の背番号」でユニフォームも準備したほうがいいかもしれません。「誰が何と言おうとアノ選手は22番が似合う」という選手がいるなら、どんどん勝手に背負ったらいいのです。僕も勝手にやらせていただきますから。ということでサッカーショップ加茂に行ってきます!

↓サッカーショップ加茂に行っている間、内田篤人さんの2015年度カレンダーの告知をお楽しみください!


タイトルは「Naked」か!要するに「裸」か!

最高にセクシーな内田がここにいるのか!

よーし、確かめてやろうじゃないか!

2200円か、安い!

厳しい目で「裸」かどうか確認するぞ!

an・an特別編集 2015年 内田篤人カレンダー[Naked] [ マガジンハウス ]

価格:2,200円
(2014/9/4 04:51時点)
感想(0件)



↓早速サッカーショップ加茂に行ってきたよ!


やっぱコレだな!

このあとどんな番号を割り当てられようが、どのデザインになろうが「UCHIDA 2」しか買わぬ!

完全に代表を退くまで!

最初からこうすればよかったと後悔しています!ごめんねウッチー!