『女子高生の裏社会 「関係性の貧困」に生きる少女たち 』(光文社新書)

写真拡大

 アメリカ国務省が公表した人身売買に関する報告書で、日本の「JKお散歩」が新たな人身売買の例として示され、話題になった。「JKお散歩」とは、秋葉原などの路上で女子高生が会社帰りのサラリーマンなどに声をかけ、一緒に食事をしたり、カラオケに行ったりしてデートするというもの。昨年も女子高生に個室でマッサージしてもらう「JKリフレ」が摘発されるなど、ここ数年、"JK産業"で働く女子高生たちが増加している。

 これまで、児童買春や犯罪の温床になる場で働く女子高生たちは、金銭面で困窮している者や家庭環境に問題がある場合が多いと思いがちだった。だが、『女子高生の裏社会』(仁藤夢乃/光文社)によると、一概にそうとは言えなくなってきているという。

 たしかに、親にお金を渡すために働くという子もいる。18歳のサヤは、高校受験に落ちてから、親に毎朝、貯金残高を告げられ、「金がない、お前の授業料でいくら消える」「銀行に借金しているのはお前のせいだぞ」と言われるようになったことがきっかけで、JKリフレを始めた。そして、稼いだお金で家にお金を入れ、自分の服を買っているうちに、やめられなくなってしまったという。

 妹に紹介され、姉妹でJKお散歩をしているレナは、父子家庭でお小遣いをもらっておらず、遊びやごはん代、交通費も自分でやりくりしている。

「家庭のお金の事情もあるし、自分でやりくりしていかなきゃいけないから、こういう仕事をしていても仕方ないでしょって勝手に納得しています」

 そう語る彼女の表情はひきつっており、けっして割り切って納得しているようには見えなかったと、同書の著者・仁藤は書いている。

 また、中学時代、いじめに遭い、精神的な不安を抱えるようになったという18歳のカオリは、シフト制のバイトをこなせる自信がなく、「働くことに自分を慣れさせたい」と思ってお散歩を始めた。好きなときに好きなだけ働けるお散歩は、時間の自由も利く。彼女は、お散歩を「社会に自分を慣らすためのリハビリ」として捉えている。

 こんなふうに、いわゆる「貧困層」「不安定層」と言われるような少女たちもいるが、一方で、最近では家族仲も良く、成績優秀で、学校では人気者のごく普通の女子高生が売春や犯罪の入り口に立っている。

 そんな「生活安定層」の代表ともいえる少女・エミは「効率よく稼げる」という書き込みにつられてJKリフレを始めた。彼女はJKリフレで次々と事件が起きていることや補導される可能性があることはもちろん、補導とは何かすら知らなかったという。仁藤がやめ方や店長への言い訳をアドバイスしても「あと3日シフトを出しちゃってるんで、その出勤だけしたらやめます」と、変なところでもその真面目さを発揮してしまう。むしろ「生活安定層」の少女たちはルールに従順で、自分が危うい世界にいることにも気づいていないため、店側は扱いやすく、重宝されているというのだ。

 別に貧乏ということではないのに「他のバイトより稼げる」という理由から深い考えもなくJK産業で働いていたり、友達の紹介で始め「普通のアルバイト」だと思い込んでいる少女も少なくない。仁藤がアンケートやインタビュー調査をしたところ、「『JK産業』以外のアルバイトをしたことはありますか」という質問に対し、31人中11人が「ない」と答えている。JK産業でしか働いたことがないという少女たちに危機感を持てと言っても、あまりピンとこないかもしれないし、同世代の女の子たちが同じようにたくさん働いていたら、「大丈夫だ」と思うのはある意味、仕方がないのかもしれない。

 それに、JK産業が稼げるのは事実だ。JK産業のオプションには、あいあいがさ2000円、にらめっこ1000円、腕組み(18歳以上)5分1000円など、こと細かに決められたさまざまなものがある。さらに、こういった正規のサービスではなく、性的なことも含む「裏オプ」というものもある。本来は、店にバレた時点でクビになることもあるのだが、そんな裏オプをやっている子たちですら危機感は薄い。裏オプとして売春しているという16歳のリエは、同書の中でこう語っている。

「ニュースを見たときは『わっ』とは思うんですけど、まだ大丈夫かなみたいな。他のお店が摘発された事件をテレビで見たら『やばっ』とは思うんですけど、うちの店は大丈夫かなって思っちゃって」

 店にバレてクビになることや他の女の子に「そういうことをする子なんだ」という目で見られることは極度に恐れているのに、客のことは一切恐れていない。周りで起きていることを自分と重ねられないのか、あるいは重ねたくなくて、違うと思い込もうとしているのか。普通のバイトではない、危ないことかもしれない、と思いながらもなかなかやめられず「うちのお店は関係ないから大丈夫」「お客さんは自分で選べるから大丈夫」と思っている子も大勢いるのだ。
 
 しかし、ただ単に、女子高生の無知さや危機感のなさを責めるわけにはいかない。それを教えてこなかったのは、周りの大人たちでもある。なかには、親公認でお散歩をしているという子もいるが、彼らは子どもから「観光案内のバイト」「お客さんとご飯を食べる仕事だ」と言われ、それを信じてしまっているのだ。無知なのは、大人も同じだろう。

「なんで、こんなところで働いちゃうのかねぇ」。少女たちの行動に対して、こうした疑問を持つ人は多いが、それを利用する男性や店側に対して「なんで客の男たちは、こんなところで女子高生を買うんだ」と疑問に思う人はほとんどいないだろう。むしろ「男はそういう生き物だから」の一言で片付けられ、批判は店とそこで働く少女たちだけに向けられる。だが、利用する男性客がいなければ、JK産業は成立しないのだ。

 JK産業が一般化し、知らず知らずのうちに足を踏み入れてしまっていた女子高生たちがいるように、そうとは知らず、「健全なお店」として利用したつもりが、買春する側になっていたという男性もいる。そうならないためにも、まずは多くの人がJK産業についても知るべきだろう。

 もはや、これは少女たちだけの問題ではない。本書でも指摘されているように、本当に変わるべきは、少女たちをJK産業に走らせている大人たちなのだから。
(島原らん)