平成知新館 撮影:北嶋俊治

写真拡大

秋が近づくと、何となく京都に行きたくなる。とりわけ今年の京都は見逃せない。京都国立博物館(京博)の新館がオープン、その記念の展覧会「京へのいざない」が半端じゃなくゴージャスなのだ。

キャッチフレーズは「ズラリ国宝、ずらり重文」。国宝50余点、重文110余点が惜しげもなく公開される。そして本館では4年がかりの大修理を終えた「鳥獣戯画」の特別展も開かれる。――そうだ、今年の秋は、京博に行こう!

公募で「平成知新館」とネーミング

京博は1897年に創設され、1966年には平常展示館ができた。今回の新館は、この平常展示館をリニューアルしたもの。設計は、ニューヨーク近代美術館新館などを手掛けた世界的な建築家谷口吉生氏。シンプルで近代的なデザインの中に和風を思わせる雰囲気を随所に取り入れている。

地上3階、地下1階。展示室は3フロアーにわたり、展示面積は3587平方メートル。新館の名前は素案をもとに公募され、多くの票を獲得した「平成知新館」に決まった。本館は「明治古都館」と呼ぶことになった。

オープン記念展「京へのいざない」は2014年9月13日から始まる。同館所蔵の国宝、重文や、京都の古刹などが所蔵する名品約400点が2期に分けて公開される。「天橋立図(雪舟筆)」、「松椿蒔絵手箱」、「古今和歌集巻第十二残巻」(いずれも国宝)など平安以降の「京文化」の精髄を、絵画、書跡、彫刻、工芸などのジャンルから選りすぐった、まさに名作・名品のオンパレードだ。古参の学芸員も「空前絶後。いままでに経験したことのないスケール」と驚嘆する。

くすみがとれて鮮明な絵巻に

さらにこの記念展から少し遅れて10月7日から、明治古都館で特別展「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展も始まる。京都・高山寺に伝わる鳥獣戯画は、日本の漫画のルーツとも言われる。サルやウサギ、カエルなどが人間のようなしぐさで登場する絵巻は、教科書にも登場し、多くの日本人に親しまれてきた。

しかしながら描かれてから約800年の歳月が流れ、しわや汚れ、退色、虫食いなども目立っていた。そこで朝日新聞文化財団の文化財保護助成を得て4年がかりの大修理にとりかかり、このほど作業を終えた。くすんでいた部分が見違えるように鮮明になり、描かれた当時の、動物たちの生き生きした姿を久しぶりに間近で味わうことができる。修理作業の過程ではいくつかの新発見もあり、それらの成果も合わせて紹介される。また高山寺に伝わる数多くの国宝、重文類も同時に公開される。

「京へのいざない」展は11月16日まで。「国宝 鳥獣戯画と高山寺」は11月24日まで。休館日や展示替え、アクセスなど問い合わせは、075-525-2473(テレホンサービス)、またはホームページへ。

秋の京都の週末は混雑する。泊りがけの場合は早めの宿泊予約が望ましい。