【実録】ネットオークションで高く売れたもの「自動車学校のストラップ」「レアな漫画の初版本」

写真拡大

お財布がピンチなときに助かる、ネットオークション。果たしてどんなものが売れ、どんなものが最高益をはじき出しやすいのでしょうか。ネットオークションに出品したことがある働く女性に、高く売れた物はどんなものなのか、詳しく聞いてみました。

■これは高く売れる! 初版本に写真集

・「レアな漫画の初版本。12,000円で落札された」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「アーティストの写真集。1,500円で買った物が30,000円で落札された」(33歳/その他/その他)

ものにもよりますが、希少価値が高い初版本や写真集は思わぬ値段で売れることがあるお宝。特に高値で売れやすいのが、初版の部数が少なく、かつ最初は人気がなかったけれどあとで人気が出たという初版本なのだとか。本棚に眠っている本や写真集があれば、その本や写真集が初版ではないか一度チェックしてみましょう。

■なぜこんなものが高値で?

・「自動車学校の入校記念に貰ったキャラクター物のストラップです。3,000円で落札されました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「買って1回も履かずにすぐ出品した夏用のクリアサンダルが1万円くらいで売れた」(30歳/機械・精密機器/営業職)

ほとんどリサイクル気分で出品したものが、なぜかネットオークションで高値がつき、もうかってしまった……という方も。それにしても自動車学校のストラップが3,000円とは!? 自分にとって思い出深いものが出品されていると、買う方もつい大金を払ってしまいやすいのかもしれません。

■家電製品はこれが売れる

・「テレビショッピングなどで話題のミキサー。7,000円くらい」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「任天堂DS。17,800円」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「デジカメ。2万くらいで落札された」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

中古なのになぜか高値で買ってもらえるらしい家電製品が、これらの製品。特に一定数の入札が見込めるのがマニアックなファンが多いゲーム機やデジカメの分野。自分の持っているものが幾らぐらいで入札されているのか、一度チェックしてみると意外や意外!?なんてこともありそう。

■ブランド物はやはり手堅い

・「ブランドバッグ。20万円程度」(23歳/その他/事務系専門職)

・「ブランドのコート。2万だったものが3万で売れた」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ジルスチュアートのトートバッグ。6,000円くらい」(30歳/学校・教育関連/専門職)

出品して手応えを感じられるのが、ブランド物のバッグやコート、財布や時計等の小物類。オークションは仲介業者が入らないため、物によってはリサイクル業者へ持っていくよりも高く売れることも。ただし出品者も多い分野なので、よほどの売りがないと買ってもらうのが難しいことがある様子。すぐお金が必要という訳ではないなら、一度売れるかどうか試してみるのもいいかもしれません。

ネットオークションで自分のものが高く売れるかどうかは、運が大きく左右するところではありますが、思わぬ副収入が得られて大喜びしている方も実際にはいるようです。自分の部屋にタンスの肥やしがあるなら、部屋の整理も兼ねてオークションにチャレンジしてみるのはいかが?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳〜34歳の働く女性)