スウォッチ、スマートウォッチへの「単独参入」を表明

写真拡大

潜在的市場価値が930億ドル(約9兆7,000億円)とも言われるウェアラブル。スウォッチグループは他社と提携せず、同社単独で参入するつもりのようだ。

「スウォッチ、スマートウォッチへの「単独参入」を表明」の写真・リンク付きの記事はこちら

スイスを拠点とする世界最大の時計メーカー、スウォッチグループが、スマートウォッチ市場に参入することを明らかにした。参入に際してテクノロジー企業と提携することはないという。

スウォッチのニック・ハイエクCEOはReutersに対して、2015年夏発売の「Swatch Touch」では、フィットネス・トラック機能を搭載するかもしれないと語った。このSwatch Touchは、電力消費が少なく表示を常時オンにできる「低出力マイクロチップ」を搭載すると言う。

ハイエクCEOは、時計市場における自分たちの現在の地位を踏まえて、「大手テクノロジー企業はどこもわれわれと連携したがっている」と述べた。しかし同CEOは、スウォッチが「一部の分野」で他社と協力する可能性をほのめかしつつ、同社だけで多くのことを実現できるとの考えを補足している。

潜在的市場価値が930億ドル(約9兆7,000億円)とも言われるウェアラブルの流行に、スウォッチは単独で便乗するつもりのようだ。スウォッチは2014年に株価が15%下落しており、大改革があっても不思議ではない。Reutersによると、スウォッチのこの不調は、アップルが9月9日(米国時間)に開催するイヴェントで「iWatch」を発表すると予想されているためだという。

iWatchはもう何年も前から噂されているし、いまに至るまでにもたくさんのメーカーがウェアラブル製品を発売してきた。こうした流れが、“既存の時計”への関心の低下につながっているのかもしれない。

アナリストらは、スウォッチとアップルなら理想的な協力関係になるのではないかと提言している。しかしスウォッチは、テクノロジー企業になるよりも、付加機能のある時計をまずはつくり続けていきたい、としきりに強調している(とはいえ、スウォッチにはすでに「エレクトロニック・システム部門」があり、マイクロチップやディスプレイ、バッテリーなどの提供が好調だ)。

TAG

HeadlineNewsiWatchNext GadgetSmartwatchSwatchWiredUK