富士山入山料、支払ったのは6割弱 窓口素通りの登山者多く

ざっくり言うと

  • 7月1日から現地徴収が始まった富士山の入山料は、窓口を素通りする人が多い
  • 8割が任意の徴収に応じると見込んでいたが、実際に支払ったのは6割弱だった
  • 観光資源課は「外国人登山客らへのPRが不足していた」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング