高妻容一・東海大学体育学部教授。1994年より「メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会」をスタート。日本における普及に貢献し続けている

写真拡大

 先のサッカーW杯など、スポーツの国際大会があると必ず取り沙汰されるのが「メンタル」。昨今では、ビジネスフィールドでも応用されるなど、その重要性が広く認識されている。日々モチベーションを高め、プレゼンなどで最高のパフォーマンスを発揮するための誰でも簡単にできるテクニックを、東海大学体育学部・高妻容一教授に伺った。

 メンタルトレーニングは、1984年のロサンゼルスオリンピック前にアメリカとカナダが本格的に導入し、両国がオリンピックで大きな成果を上げたことで世界的に知られるようになった。高妻教授は、80年代のアメリカ留学中にこのメンタルトレーニングと出会い、いち早く日本に紹介した第一人者だ。

「集中力と高いモチベーションがもたらす『ゾーン』という精神の領域があり、このゾーンに入るとき、最も高いパフォーマンスを発揮できると言われています。メンタルトレーニングは、このゾーンに意図的に入れるようにするためのトレーニング」と高妻教授は言う。

 基本的な考え方はビジネスでも同じで応用することは可能。では、プレゼンなど緊張する場面でも、高いパフォーマンスを発揮する大切なポイントは何だろう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)