この先も「おひとり様」だと老後が不安な未婚女性は68.3%「今の給料で安心できる額の貯金はできない」

写真拡大

まわりの友だちに既婚者が増えると、独身女性にはある種の焦りが生まれてくるもの。中には、「この先ずっと独身だったら……」なんて、将来を不安に思う人も多いかも? そこで今回は、この先ずっと「おひとり様」だった場合の将来についてどう思うのか、未婚の働く女性に聞きました。

Q.このまま「おひとり様」だったら、老後が不安ですか?

「はい」68.3%
「いいえ」31.7%
※四捨五入の関係でちょうど100%にならない場合があります。

「はい」と答えた女性が、約7割もいました。やはり、老後も「おひとり様」だと不安に感じるよう。では、それぞれの理由を見ていきましょう。

■「はい」と答えた人の理由

・「何となく漠然とした不安がある……」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「今のお給料では、老後に安心できる額の貯金はできないので」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分ひとりだけだと、介護してくれる人がいないから」(25歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「孤独死するのは寂しい」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

金銭面、健康面、精神面など、「おひとり様」で老後を迎えることになると、さまざまな不安要素が出てくるようです。

■「いいえ」と答えた人の理由

・「気ままに過ごせるから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「自分のことは自分で、という覚悟はある」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「一生独身の場合のライフプランを考えています」(32歳/医療・福祉/専門職)

老後も「おひとり様」でやっていこうと腹をくくっている女性の中には、今のうちからライフプランを立てて、すでに対策を練っている人もいるようです。

■独身女性がやっている、「おひとり様」の老後対策とは?

・「とにかく老人ホームなどに入所できるようにお金を貯めている。家を買うための貯金も」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「若いうちに貯めたお金で個人年金保険や生命保険に入り、満期金を65歳以降の収入にあてることにしている」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「今ある、友人であったり地域のつながりを大事にしています」(28歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「健康維持のための運動」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

「おひとり様」の老後のためにやっていることで、もっとも多かったのは「貯蓄」に関する回答でした。いずれ働けなくなることを考えて、今のうちからコツコツ貯めている人もいるようです。

今回の調査で、約7割の女性が独身のまま老後を迎えることに不安を感じていることがわかりました。将来を見据えたライフプランが必要とされているようです。あなたなら、どんなマネープランをたてますか?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数158件(22歳〜34歳の未婚の働く女性)