鹿島MF柴崎岳、本田ら海外組合流で「刺激は非常に受けている」

写真拡大

 日本代表は3日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿3日目の練習を行った。

 初日から参加している鹿島アントラーズ所属のMF柴崎岳は、2日目から合流したミラン所属のMF本田佳祐やインテル所属のDF長友佑都と話をする場面があり、記者団にそのことを問われると、「色んな選手と話をしたいなと思っていましたし、万遍なく色んな選手と話ていますし、刺激は非常に受けています」とコメントした。

 そして3日目の練習について、「はじめて実践的な中でやった」と語る柴崎は、代表と鹿島での違いに言及。「大きく違うのは前向きで受けるか後ろ向きで受けるかの違いだと思う。鹿島では前向きで受けることが必然的に多くなると思うが、ここだとそれは少なくなるかなと」と語っており、「そういった中で色んな選手とコミュニケーションを取りながら使える側にも回りたいなと思いますし、鹿島よりは使われる側に回る方が多少多くなるのかな」と続けている。

 それを受けて記者団に、ポジションについて問われると、「監督からも、他の選手に対してですけど、もう少し高い位置にいてほしいという指示もあったので、それは自分にも共通して言えることかなと思います。そうなると、そういう類のプレーが多くなるかなと」とハビエル・アギーレ監督の指示を明らかにしている。

 日本代表は、5日に札幌でアギーレ監督の初陣となるウルグアイ代表に臨み、9日に横浜でベネズエラ代表と対戦する。