FC東京FW武藤嘉紀、アギーレ監督の印象は「規律を大事にしている」

写真拡大

 日本代表は3日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿3日目の練習を行った。

 取材に応じたFC東京FW武藤嘉紀は、「今日は前の守備の取り方というか、攻撃のパターンをやりました」と練習メニューを明かしており、その練習を通して、「やっぱり規律というのは大事にしていると思いますし、ひとつひとつの動きも正確にやらないといけないですし、その中で多くのパターンがある。それを試合で出していければいいなと思っています」とハビエル・アギーレ監督の指導について語った。

「難しくなったら無理にプレーするんじゃなくて、もう1回やり直す」とアギーレ監督が強調していたポイントも明言。同監督のやりたいサッカーのイメージはつかめたかとの問いには、「今日も詳しくやったので、そこは大丈夫だと思います」と自信を見せた。

 また、FC東京で大学生で代表に選ばれたという境遇が同じインテル所属のDF長友佑都との共演に関して問われるが、「誰と組んでも自分の良さだったり、パートナーの良さを引き出せるようなプレーは心がけていますし、そういったプレーを試合でできたらいいなと思います」とし、「まだ正直たぶん(自分を)出せていないと思うので、明日からまた出していきたいなと思います」と意気込んだ。

 日本代表は、5日に札幌でアギーレ監督の初陣となるウルグアイ代表に臨み、9日に横浜でベネズエラ代表と対戦する。