アギーレ新体制で7番背負う鹿島MF柴崎岳「僕自身のプレーを出したい」

写真拡大

 日本代表は3日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿3日目の練習を行った。

 鹿島アントラーズ所属のMF柴崎岳は、ハビエル・アギーレ監督について「最初は報道等でしか情報はないので、あまり先入観を持たずにやっていこうと思っていた」と話し、改めて「非常にコミュニケーションを取りますし、練習もいい雰囲気でテンポもリズムもいいので。人間的にも非常に素晴らしい人だなとは感じます」と同監督印象を語った。

 まだフル代表での出場がない柴崎は「もちろん出場したいと思いますし、初出場にはなりますけど、思いっきりプレーしたいと思います」と、初出場に意気込んでおり、「機動力を出しながら、攻守両面で幅広くプレーしたいなと思います」と語った。

 なお、柴崎は今回の親善試合で、今までガンバ大阪のMF遠藤保仁が着けていた背番号7を付けることが決まっており、「僕自身、背番号にはそんなにこだわりはないので。ただ、世間的に見れば代表の7番というのは、過去に偉大な選手が着けていた背番号なので、そういう見られ方はしますけど、そういうことも理解しつつ、僕自身のプレーを出せればいいなと思います」と語っている

 日本代表は、5日に札幌でアギーレ監督の初陣となるウルグアイ代表に臨み、9日に横浜でベネズエラ代表と対戦する。