C大阪MF扇原貴宏、新体制の戦術は「自分にとってはやりやすい」

写真拡大

 日本代表は3日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿3日目の練習を行った。
 
 記者団の取材に応じたセレッソ大阪のMF扇原貴宏は、ハビエル・アギーレ監督の戦術について問われると「今のチームの監督も似たようなシステムをやりますし、そういう意味では全然、今日の練習でも戸惑いもあんまりなかったです」とやりやすいことを話しており、「自分は少しは慣れてきたポジションなんで、すごく自分にとってはやりやすいポジションだなと思います」と自信を伺わせた。

 そして、練習を振り返り、「試合も2日前ですし、試合に近い練習が今日はできた」と初陣に備えた練習だったと明かし、「練習の中である程度、どういうふうに考えてるかってのが少しずつですけど理解はできてきてるんで、それをしっかりと続けていって、ウルグアイ戦に向けて結果にこだわりながらやっていきたい」と意気込んでいる。

 また、扇原はこの合宿で元チームメイトのFW柿谷曜一朗と久しぶりの再会。「あまり変わってないですね、正直」と印象を語っており、「(柿谷がスイスに)もう慣れたって言ってます」と明かしている。

 日本代表は、5日に札幌でアギーレ監督の初陣となるウルグアイ代表に臨み、9日に横浜でベネズエラ代表と対戦する。