写真はYoutube「【動画】サッカー日本代表アギーレジャパン公開練習 クロスからのシュート練習」のキャプチャ

写真拡大

ハビエル・アギーレ新監督率いるサッカー日本代表が、1日から北海道・札幌市内で始動した。そのアギーレJAPAN公開練習の模様を、何者かがYouTubeにアップしたが、シュート練習で選手たちがことごとくゴールを外しており、サッカーファンの間でも動揺の声が上がっている。

YouTubeにアップされた動画では、選手が右サイドからクロスを上げ、ペナルティーエリア内の選手がそのクロスボールをシュートするという練習の様子が収められている。



動画では20本ほどのクロスボールが上げられているが、ダイレクトでゴールできた選手は1人もいない。

そもそもゴール枠内に飛んだシュートは数本で、フリーであるにも関わらずクロスボールに合わせてシュートを打つことができない選手が続出、なかにはゴールと逆方向にボールを飛ばしてしまう選手もいる。

選手の疲労を考えてプレー強度を「軽め」にしている、あるいは、一見簡単そうに見えて難しい練習なのかもしれないが、サッカーファンを不安にさせてしまう動画だ。

【関連記事】
ナイナイ・矢部浩之、ハビエル・アギーレ氏のサッカー日本代表監督就任に触れ「日本人監督見たいですよね?」
宮根誠司氏、サッカー日本代表の次期監督に「キングカズ選手兼監督」を希望
内田篤人選手がCAから次々と電話番号を渡されていたエピソードをウエンツ瑛士が暴露