『アナと雪の女王』

写真拡大

動員人数2,000万人を突破、興行収入は254億円を超える程の記録的な大ヒットを飛ばしているディズニー映画『アナと雪の女王』の新作短編アニメーション『Frozen Fever(原題)』が2015年春に公開されることがわかった。

続編の舞台は、妹のアナの誕生日。姉のエルサと心優しい山男のクリストフが最高の誕生日を祝おうとするも、エルサの氷の力が発動してしまいパニックになるという物語が展開されるようだ。また、雪だるまのオラフも登場することが発表されている。

大ヒット主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」を手がけたロバート・ロペスさんとクリスティン・アンダーソン=ロペスさんが新曲を書き下ろし、監督は前作同様クリス・バックさんとジェニファー・リーさんが務める。

これらの情報は、ディズニーアニメーションとディズニーの公式Twitterアカウント、そして米国のTV番組で明かされた。

どのような形で公開されるのか、国内での公開の有無についてもまだ公表されていないが、引き続き続報を待ちたい。