代表復帰を果たした北京世代の水本。高さとスピードを兼備した国内屈指のCBだ。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全4枚)

DATA1)平均身長・体重・年齢

 体制
身長
体重
年齢

1998年トルシエ体制初陣
177.8センチ
72.2キロ
25.31歳

2002年ジーコ体制初陣
178.7センチ 
73.6キロ
26.39歳

2006年オシム体制初陣
177.1センチ 
70.9キロ
24.63歳

2010年ザッケローニ体制初陣
178.3センチ 
73.3キロ
25.36歳

2014年アギーレ体制初陣
181.0センチ
74.0キロ
25.26歳

 現体制と過去の体制で顕著な違いとして見えるのが「高さ」だ。トルシエ時代からザッケローニ時代までの平均身長は、177-178センチ台だったが、今回は181センチと歴代最高の数値を記録した。空中戦で弱みを見せないというアギーレ監督の哲学は、代表復帰を果たした水本(183センチ)や初招集の皆川(186センチ)、坂井(183センチ)といった選手たちの招集に反映されている。
 
DATA2)世代別の人数
 下の表を見ても分かるように、各体制が4世代にわたるなか、ザッケローニ時代までは下の1、2世代が過半数を占めてきた。「将来性重視」と語ったアギーレ監督だが、今回の初陣メンバーでは20代前半のロンドン世代と18-21歳のリオ世代は過半数を割っている。岡崎(写真)ら中堅やベテランの経験値を買ったメンバー構成とも言えそうだ。
DATA3)代表歴別の人数

 体制
W杯経験組
代表復帰組
初招集組

1998年トルシエ体制初陣(22人)
17人
2人
3人

2002年ジーコ体制初陣(23人)
16人
7人
0人

2006年オシム体制初陣(19人)
4人
4人
11人

2010年ザッケローニ体制初陣(25人)
14人
9人
2人

2014年アギーレ体制初陣(23人)
12人
6人
5人

 アギーレ体制の「A代表初招集」は坂井、松原、森岡、皆川、武藤の5人。98年のトルシエ体制以降では、2番目に多い人数だ。オシム体制ほどの大胆な血の入れ替えではないが、それでもアギーレ監督が「自らの眼で選考する」と語っていたように、初招集組から指揮官のこだわりが垣間見える。
 
DATA4)新体制の初陣メンバーからW杯メンバーに残った人数
 過去の例を見れば、初陣メンバーからワールドカップに出場できたのは「5人から14人」というデータが出ている。「生き残り組」がもっとも多かったのは、ジーコ体制の14人で、それに続くのがザッケローニ体制の12人だ。いずれも「メンバーの固定化」という問題を抱え、新戦力が台頭しにくい状況となっていた。今回のアギーレ体制で選ばれた23人の初陣メンバーのうち何人がワールドカップに生き残るのか? データから言えば、あまり多くないほうが本大会での結果は出ているのだが……。

※『週刊サッカーダイジェスト』9月16日号より